飛び出す演劇!

世間ではバレンタインデーだとか。
昔は好きな人へ告白する日・・・僕が中学、高校時代はそんなイメージがありましたが、今ではお世話になってる人や友達、家族に感謝の気持ちを表す・・・
そんな風に変わってきてるのかなぁ??


さあ、私は来月末に行われるピーチーズ本間との共同企画

「Do It Again 〜もう一度やらせて下さい〜」


で上演する演目の企画を絶賛、構成中でございます。
タップダンスユニットのピーチーズプレゼンツなので、それはもちろんタップダンスあり、そして歌ありコントあり、芝居あり・・・
私は踊ったり歌ったりしませんが、テクニシャン揃いのゲストも出演する楽しいライブになるに間違いなし!

個性豊かな出演陣の多彩な演目・・・その中で、演劇の楽しいエッセンスを観てる人に感じて欲しい・・・
そんな心意気で企画を考えております。
小さなライブステージだからこそ面白い、「小さな演劇」を頭の中でこねくり回しております。
なんかね、上手く表現出来ないけど、言わば3Dな演劇をやりたい!!
演劇自体が元々3Dだけどね。そこはもっともっと3Dにしたいという意気込みですね。
子供の時に大好きだった、飛び出す絵本みたいな・・・
あれ、最初に考えた人、天才ですよね。


あ、ライブの予約は下記から出来ます!!飛び出す予約フォーム!!!この仕組みを考えた人もまた凄い。
では、皆さま、楽しいバレンタインデーをお過ごしください。

http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=caef4c1210


ピーチーズ本間×カムカムミニキーナ吉田合同企画

Do It Again 〜もう一回、やらせてくださいm(_ _)m〜

3/25,26(土日)

19:00開場19:30開演

@ライブガレージ秋田犬(秋葉原)

2500円(1ドリンク付き)



〈出演〉

ピーチィ本間

吉田晋一

元尾裕介

サムタイム谷

しなちく佐藤



雲村(雲すみれ&村井晴南) 〈土〉

トリプルスターズ☆★☆〈日〉



岸川 恭子&小笠原寿子

吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 02:46 comments(0) trackbacks(0)
国宝からの2.5次元まで!

立て続けに更新、遅くなりすみません。月曜カムめくりでございます。

先週の強烈な体験・・・

清水宏大先輩が会長を務めていらっしゃる、


「スタンダップコメディー寄席」


でございます。
マイク一本で一人でお客様に喋って、笑いを起こす。
言葉だけでは表現出来ない!是非、観てない方、次回は観に行って頂きたい。
清水さんの話芸は以前から素晴らしと存じてましたが、いやいや、もう、僕的には国宝にしてもらいたい。
まさかの人が大統領になる世の中、日本では清水さんが人間国・・・・そんな国、素敵じゃないですか?
清水さんについては言葉で語るよりも正に「百聞は一見に如かず」なので、これくらいに。


週末は他にも、大学時代にお世話になった先輩方が落語を演ると聞いて、フラッと拝見しに行きました。
二人の先輩が落語を披露され、子供を中心に大いに笑いを取ってました。
先輩達は大学時代から、ほとんど変わっていない・・・全く老けていない!!そんな印象でした。
学生時代は役者としても活躍された先輩達、落語を演じても、あの当時の役者姿が彷彿としてきました。
ニタニタしながら観てしまいました。うん、嬉しかった!


懐かしいなぁ〜と思いながら、先日聴いたラジオ番組の内容を思い出しました。
その番組では、俗語の研究を長年されている大学教授の方が出演されていました。
その番組内で、かつて流行った色々な流行語が出てきました。


親父ギャル、新人類、チョベリバ、冬彦さん、同情するなら金をくれ・・・・・


その教授によると、去年は流行語の不作とのことでした。


「神ってる」


というのが流行語大賞を獲ったそうですが、教授的には・・・・
確かに、私は未だに一度も使ったことがございません。
そして、今の流行語は短期間にアッという間にブームになり、アッという間に使われなくなる・・・・
そうです。



いわゆる流行語というのは、時代を反映しており、その時代が終われば使われなくなる。
流行語が日常になじんで、そのまま日常語になっていくというケースもあるとか。


まあ、色々な背景があり、言葉が生まれて使われなくなったり、残ったり・・・・
流行語にチョッピリ、リンクしているのが業界用語。


「ヤバイ」


というのは刑事さんの言葉だったそうです。今では家庭でも使われています。
演劇界の言葉で流行語は???


あ、「2.5次元」とか・・・「静かな演劇」??古いか。うん、超古い。


2.5次元と言えば、松村さんが「進撃の巨人」や「犬夜叉」の舞台の脚本を書いて上演されるそうです。
僕は全く漫画を読まないのでストーリーを全く知りませんが、観に行きます。
では、また来週!!




吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 17:41 comments(0) trackbacks(0)
無料・・・

またまた、更新おくれまして失礼致します。

唐突ですが、最近気になった話題。マルチな活躍をされていて、絵本作家でもあるキングコング西野さん、ご自身の絵本をネット上で無料公開されたというニュース。
私もネット上でその絵本「えんとつ町のプペル」をスマホの小さな画面で読ませて頂きました。内容については、読んで頂きたいの一言に尽きます。
この無料公開の動機が、小学生からのお手紙だったとか・・・


「2000円は高い。自分で買えない」


この一言が突き刺さり、「えんとつ町のプペル」の無料公開に至ったそうです。
ネット上では様々な意見もあるようですが、個人的には単純に良いことだと思います。
西野さんが描いた絵本の世界観は素敵だなと思ったし、スマホの小さな画面ではなく、やっぱり実物の絵本を手に取って読みたいと感じました。


少し前にはラーメンズさんが自分たちのコントをユーチューブで無料公開されたそうで・・・


今の時代、ユーチューブで色んな画像が観れたり、音楽が聴けたり、私もその恩恵を賜っている一人であります。
昨年末の私の誕生日ライブでのコントを作るに当たっても、ユーチューブで音楽を色々聴いて参考にしたりしました。

ただ、思うのは絵本にしても、演劇にしても、音楽にしても、やっぱりライブで実物を観るのと、画像で観るのはやっぱり別物。
無料配信が、本屋さんや劇場、ライブ会場へ出向くキッカケになれば良いのかな〜、なんて思ったりしております。


吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 01:53 comments(0) trackbacks(0)
頑張れ受験生!
すっかり更新が遅れて申し訳ございません。そして稀勢の里関、おめでとうございます。

1月も終盤、改めて


「光陰矢の如し」


痛感しております。え、コウインって、「光陰」って書くんですね。
学生の皆さん、覚えて下さいね。


さあ、寒い日々が続いてます。受験生の皆さま、頑張って下さい!!
私の息子も今年、大学受験。先日、一緒にWEB願書手続き、致しました。


私が受験生だったころから30年経って、受験方法も変わってますね。
センター利用、全学部受験、一般受験、推薦方法も入れると・・・・
同じ大学の学部でも、様々な受験方法があり、チャンスが広がっているのか?!


まあ、日頃、接点が無い父と息子が、インターネット出願をキッカケに会話が出来ました。
そういう意味ではありがたい。でもね、大学受験を考えることは、将来を考えることだと思います。
うん、これをキッカケに息子と将来を語るようにしたいと思います。


最近、しばしば思うのは教育の大切さ。
どうしたら僕的に、演劇を教育現場に役立られるか??
まず、息子に舞台を観に来させることから初めないとですね。




吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 18:42 comments(0) trackbacks(0)
タカノさんへ愛をこめて

昨夜はカムカムの新年会でございました。大好きなスタッフさんと劇団員だけの新年会。
久々に会う顔も多くて、何だか親戚が久々に揃って、皆の無事を喜びあう・・・非常に楽しい新年会となりました。
ただ、2次会からの記憶が・・・いつものことですがね〜。
記憶がなければ、それはそれで良いのですが、最近はスマホで簡単に動画を撮れるようで、出席していた劇団員が、昨夜の私のグダグダ動画を送ってくれました。


うん、お酒って怖い。動画って怖い。今年は飲み過ぎに注意します。マジで!


さて、それ以外にもショッキングなことが先週ありました。
「タカノ」という大好きな近所の定食屋さんが昨年末を以て閉店していました。
「建てなおしの為閉店・・・」という貼り紙が出てました。再びの開店予定についてのアナウンスはありませんでした。


寂しい・・・・・・・


劇団の倉庫から近いタカノは劇団員の中にもファンが多かった。
劇団の公演日程が全て終了した後、私の一人打ち上げも、結構やりました。


かつてカムカム劇団員だったピーチーズ本間は学生時代(二十数年前)、偶然近所に住んでいて、その頃、毎日のようにタカノに通ってたそうです。
ここ数年、本間と一緒に短編芝居を一緒にやるようになり、近所の公民館で稽古をした帰りに時々、タカノへ寄りました。そんな本間の一言が蘇ります。


「あの頃から値段が全く変わってないんですよ」


超大盛の定食は大体ほぼ500円、ラーメンは300円、ビール大瓶400円・・・・
物価の変動、消費税の導入そして値上げ・・・そんな世間の流れに全く微動だにしないタカノの値段表。
壁に貼られたメニューは黄ばんでいるというより、神々しい金色に見えるくらい。歴史ある巻物がありがたく貼られている風格でした。

後輩達とビールで乾杯して、から揚げや五目焼きそばをつまみに、芝居や劇団の話をアレコレ・・・・
近所の独り者の空腹を満たしてくれる小さな定食屋さんは、夕食時は直ぐに満席です。
だから飲んでても、そんなに長居は出来ません。
タカノで下地を作って、少し歩いて「いも屋」という安居酒屋で二次会、これが僕にとっての幸せなフルコースでした。


タカノ夫妻、もしも定食屋を再開するときは、必ず食べに行きます。
出来たら、近所での再開を希望します・・・でも、遠くでも絶対に行きます。ただ、可能であれば、なるべく近所でお願いします。
そして、いつまでも元気に、皆の空腹を満たして下さい!!! 


吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 20:46 comments(0) trackbacks(0)
おんな劇団員 Iさん

新年、既に9日目でございます。
成人の日の3連休も終わり、もう、お正月気分ではいられませんね。
受験生達はいよいよ近づくセンター試験です。みんな頑張れ!!実力をフルに発揮できるよう、体調管理に気をつけましょう。

さあ、スーパーに行くと恵方巻の宣伝が始まっていました。こうなると、アッという間に2月が終わり、アッという間に桃の節句ですかね?
しかしまだまだ正月気分でいたい、そんな方、始まりましたね、今年のNHK大河ドラマ。


「おんな城主 直虎」


大河の第一回はいつも観るんですよ。そのうち忙しくて観れなくなってきて・・・というのが毎年のこと。
でもね、小さい頃からの大河ファン。劇団内の男子達も何人か大河ファンがおります。
八嶋さんなんかは出演してるんですから、もう尊敬です。


ところで、今年の大河の主人公、直虎さんは井伊家の方。
カムカムも全く無関係ではありません。井伊家と言えば・・・・


そうなんです。カムカム旗揚げメンバーは5人。松村、八嶋、吉田、F君、Iさん。
このIさんこそ、井伊家の血を引く女性だったんです。


「おんな劇団員 Iさん」


5人の旗揚げメンバーの中、ただ一人の女性。
ですから、劇団の初期の公演ではずっとヒロインを演じてくれてました。
今、振り返るとF君が主演男優、その相手役のIさん。主演F君に対するヒール役の八嶋さん。そして物語の黒幕の松村さん。
あれ、オイラの立ち位置は???うん、迷走しながら頑張っていたんです、あの頃も、そして今も・・・


まあ、でもね、「おん城主 直虎」では、またもや天才子役達が出現してきましたね。
そして今川義元の春風亭昇太さん、存在感ありましたね〜。


昇太さんと言えば、前回のラッパ屋を観に行った時、劇団員の佐藤恭子も偶然同じ回を観ていて、終演後、恭子がやはり同じ回に観に来ていた昇太さんに親しげに挨拶していたんです。
丁度、笑点大喜利の司会が決まって話題だった昇太さん。私としては、恭子がそんな時代の方と知合いだったことに驚き、その後に飲み会で恭子に質問したんです。
「昇太さんとは何で知り合いなの?」
すると恭子の答え「・・・え?!昇太さん??・・・・」
完全に、どこかの小劇場の役者さんと勘違いして昇太さんと親しげに挨拶していたようで・・・・恐るべし佐藤恭子・・・・
でもね、もっと凄いのは、そんな赤の他人の恭子にキチンと失礼が無いように挨拶していた昇太さんが素晴らしい!!!


さすが今川義元公でございます。


というわけで、来週も楽しみな大河ドラマ・・・いつまで観られるかな??
あ、そうそう、松村さんが客演するラッパ屋も来週から始まります。こちらも超楽しみ!!
終演後、恭子と昇太さんの奇跡の挨拶、また観られるかな〜

吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 21:25 comments(0) trackbacks(0)
本年もよろしくお願い致します!
あけましておめでとうございますm(_ _)m

突然ですが、今年の目標を漢字一文字で表します。色々考えましたが「容」にしましょう。

寛容、包容、許容、受け容れるの「容」…
うん、とにかく一回、諸々包み込んで許したり、認めたり、そんな風に少しだけ自分の器を大きく出来るよう過ごしたいと思います。

私個人も、劇団も、日本も、世界も、もう色んなことがあると思いますが、お猪口程度の器ですが、なるべく受け容れて一回り大きくなりたい…

まあ、希望でございます。

それでは今年もヨロシクお願い致します!!

吉田晋一
吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 23:53 comments(0) trackbacks(0)
感謝感謝

いよいよ、今年もラストウィーク!!
最後までカムめくりの更新が遅れてすみません。
今年は台本を書いたり、企画したり、やりたいことをライブハウスで形にしたり・・・
演劇に対してそういう関わり方が出来たことが嬉しいかったし楽しかった一年でした。


12/25クリスマスは、ピーチーズ15周年企画の今年1年間で15本ライブをやるファイナルライブでした。
お客として観に行きました。いや〜、格好良かったなぁ、本間。
そんな打ち上がりホヤホヤのピーチーズ本間と、昨夜は17時から来年3月に行う2daysライブの打ち合わせ飲み会でした。


やりたいことを無責任に語りあいました。思いつき発言ばかりで楽しかった!!
難点は、酒が進み過ぎて、打ち合わせ後半は記憶にありません・・・・
本間がメモしてたから、ま、いいか〜〜


しかも本間との打ち合わせの後、近所で歯科医を開業している小学校→高校までの同級生のK君が、同級生のT君と近所で飲んでいるとの情報が!!
K君とは何回か卒業後も飲んだことがあるのですが、T君とは卒業以来、会ってない!!!
大喜びで飛び入り参加させてもらったのですが、会話の内容・・・覚えてません。
でも、今日T君からメールが来ました。「吉田のお芝居、楽しみにしてるよ!!」
嬉しいですね〜。本当に楽しい夜でした。うん、会話は覚えてないけど、楽しかったことだけは覚えています!!!


今年も残すところ数日・・・あ、今週はURASUJI仲間の草野徹さんの一人芝居を観に行く予定です。
やっぱりね、一人芝居は一人じゃ出来ない。お客様が居ないと・・・客席からガンガン応援する予定です。


さあ、皆さまもそろそろ仕事納めですかね??
今年一年、本当にありがとうございました。劇場まで足を運んでカムカムを応援して下さった方、本当にありがとうございました。
ツイッターや心の中で声援を送って下さった方、その声、届いてましたよ!!!
劇団を支えて下さったスタッフや関係者の皆さま、お疲れ様でした。


来年もカムカムミニキーナ及び劇団員はガシガシ演劇します!!!
劇場で皆さまの顔を見れるのが役者にとっての何よりの幸せでございます。
来年も、カムカムミニキーナ並びに劇団員を宜しくお願い致します。
皆様、良い年をお迎えくださいませ。


吉田晋一


吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 20:08 comments(0) trackbacks(0)
小さな演劇

忘年会いらっしゃった方、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
いや〜、飲みましたね。もう、親戚の宴会的なノリでザックバランに語って飲みましたね。
個人的に驚いたのは、ユーチューブなどの動画をキッカケに観に来てくれた方が何人かいらっしゃいました。
劇団でそういう活動をしてるのは絞られるので、時代の流れを感じました。
中には劇団の公演を観たことないけど参加されてる方もいて、やはりユーチューブの動画がキッカケで参加したとのことでした。
どういうキッカケであれ、参加して下さるのは嬉しいですね。


忘年会の前に、劇団のミーティングがあったのですが、次回公演の上演時間を何時にするかも議題の一つでした。
今まではマチネ14時、ソワレ19時が当たり前・・・でしたが、時代の流れで世間の生活スタイルも変わっているようで・・・
どうなるんでしょうね??


なんだか、僕らが芝居を初めてた頃から二十数年経って、芝居を取り巻く環境も大分変ったようです。


うん、そんな時代の流れとは全く関係ございませんが、私の演劇に関する関心も、芝居を始めた頃から少し変わってきております。
最近良く考えるのは、出来るだけ小さな規模で効率良く演劇を提供したいということ。
個人的に勝手に「小さな演劇」と名付けています。低予算、少人数、短編、極力舞台セット無し・・・
もちろん、この概念とは反対の「大きな演劇」も大変魅力的だし、演劇の醍醐味を表現する王道だと思っております。
ただ、個人的な挑戦として、「小さな演劇」を追求したいという欲が出てきています。
きっと、今年春のカムカムショートチャレンジ、そして何度かゲスト出演させてもらったピーチーズ、そして吉田誕生日イベントを経て、グッとそういった思いが強くなったのは確かです。


来年の3月にはピーチーズの本間と一緒に、ライブをやります。今月末にはその打ち合わせ飲み会をやります。
3月のライブでは「小さな演劇」を多分一杯やると思います。最近僕は、古今亭志ん朝さんの落語ユーチューブをヘビーローテーションで観ております。
志ん朝さんも、ユーチューブで観られていると知ったら、時代の流れを感じるんでしょうね。


吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 23:19 comments(0) trackbacks(0)
吉田誕生会を振り返る!

12月10日、「年男、吉田誕生会」というイベントをやらせて頂きました。
諸々の事情で来れない人の方が圧倒的に多いので、まあ、別に興味も無いとは思いますが、勝手にどんなイベントだったか報告致します!!


当日パンフに載せた演目は次の通り。

新説・三億円事件  上演時間:17分くらいに縮めたい

歌とピアノによるお口直し

ゲス男  上演時間:やっぱり15分目標・・・無理かな?

歌とピアノによるお口直し

落語「ちりとてちん」  上演時間:18分を切れたら凄い!

歌とピアノによるお口直し

漫談  上演時間:予測不能(長くやるつもりはありません)


歌とピアノによるお口直しは、歌:岸川恭子さん、ピアノ:小笠原寿子さんというプロの安定した演目でございます。
私が生まれた年である昭和43年のヒット曲を中心に歌って頂きました。まあ、どんな曲かと言うと、ピンキーとキラーズ「恋の季節」や
ザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来た酔っ払い」等など・・・うん、お二人の歌とピアノは何度聴いても素晴らしい!!大ファンです!!!


まあ、私の演目が不安だし不安定なんですが・・・・


まずは一つ目の演目「新説・三億円事件」!三億円事件は昭和を代表する未解決事件の一つなんですが、私、その事件発生の当日の昭和43年12月10日に生まれました。
今回、48歳の私がタイムスリップして3億円事件の犯行を、なんちゃってマイムを織り交ぜながら実行するという、ドタバタコントに挑戦してみました。
小道具や諸々、段取りも多いので、黒子としてカムカムの後輩である栄治郎に手伝ってもらいました。
栄治郎に手伝ってもらうってことは、ある程度のハプニングを想定してたのですが・・・
予想を超えたハプニングが起こりました。


彼は黒子なので、黒子用の顔をスッポリ隠す黒い頭巾を被っていました。
ところがその顔を隠す頭巾を芝居の冒頭で舞台隅に落っことし、慌てた彼は小道具を隠すために使っていたた単なる黒い布を頭巾の代わりに被る暴挙に出ました。
結果、ただの黒い布なので、視界ゼロ・・・黒子用の頭巾はもちろん目が見えるように工夫されています。
ところがただの黒い布を被った彼は、段取り通りに小道具をさばこうとしても視界ゼロのため、ちょくちょく指で顔を覆ってる布をまくります。
しかも素早く小道具を処理しなくてはいけないのに、目は見えないため予想外の動きが発生してくる。こちらとしてはツッコミを入れなくては成立しない状況になってくる。
結果、終わった後に同級生に感想を求めたら「黒子が一番面白かった・・・」という言葉が返ってきました。恐るべし栄治郎・・・・


次の私の演目「ゲス男」。これは一人芝居です。今年の話題で多かったのが「不倫」。特に有名人の方々の話題が世間を賑わせました。
今回、誕生会イベントなので、ゲスな男が父親になる瞬間・・・というのを描きたかったんですが、本を書いてるうちに、それとはあまり関係ないストーリーとなりました。
議員の方で育休を申請していたけど実際は奥様出産の当日に・・・・みたいな方、「センテンススプリング」という2人だけの隠語が日本国中に知れ渡ってしまったカップル、
義父の介護のために芸能界を引退されたはずなのに、奥様釈明会見な夫婦・・・的な要素を盛込んだつもりです。あらすじは次の通り。


不倫相手のマンションで、別れ話を持ちかけたことをキッカケに不倫相手にトイレに閉じ込められた俳優をしているゲス男・・・
閉じ込められた彼には急きょ大河ドラマの撮影が前倒しになったり、大女優の奥様の出産が予定日よりも早まったり・・・ピンチが押し寄せます。
結果、おバカなマネージャーと考えたトイレ脱出作戦の行方は・・・・


これに関しては、やっぱりズラ問題ですね。ちゃんと前から用意しておけば良いのに、被るズラを何にするかを先送りして当日を迎えました。
12/10当日の小屋入り直前に、劇団員の後輩に、「ドンキーでイケメンずらを買って来て。安いやつね!」
結局買って来てもらった安いズラは、髪の毛の一部にピンで留める方式の部分ヅラ。ほぼ坊主頭の私の頭には付きません!!
結果、別ネタ用に準備していた金髪ヅラを被って演じました。
その時ほど、ハゲである自分を腹立たしく思ったこたはありませんでした。


さあ、落語、「ちりとてちん」です。もう、これはただただ稽古してきたことを信じてやるしかない!!最も緊張していましたが、不思議と開き直りもあって・・・・
終演後の感想で、意外と皆様、聴き入ってくれていたようなので、うん、これからも落語・・・勉強しようかなぁ〜なんて色気をだしております。


遂に最終演目、漫談です。どんな漫談をするか、ネタが決まったのはホンの2日位前です。基本的に自虐ネタしかないと思ってたので、家族とのエピソードネタにしました。
子供とのエピソード、父とのエピソード、母とのエピソード、妻とのエピソード。4ネタです。ネタのクオリティーをごまかすために、ネタの終わりに、ピアノと歌で盛り上げて頂きました。
その音に合わせ、私もダンスと掛け声??的なことを・・・・一世風靡セピアさんの諸々をパクリました。


まあ、そんな感じの吉田誕生会!本当に、お越し下さった方、ありがとうございました。
協力してくれた劇団員やスタッフの方々、最高でした!またやりましょうね!!
遠くから応援して下さった方、ツイッターなどでメッセージを頂き、超嬉しかったです!!!


今後ともカムカムミニキーナをよろしくお願い致します!!!!!!!!!!!!


吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 17:15 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/23PAGES | >>