あこがれの人に
KIMG0265.JPG
『あこがれ』

突然、
発色し濁流し
紫と赤乱れ絡み合う
血流

栓抜ける

心臓、臓器巡って
渦巻きながら
頭、爪先へ

全身潤血

勢いとまらず

底辺と頭上からふきだし

朱シャワー

そのオイル、いつ発火。

<<あとがき>>

今年のNHK大河ドラマが始まり、吉田先輩も盛り上がってますが、
NHKの大河はやはり大きな夢です。出演してみたい、大きな夢。俳優さんなら誰もが思うのではないでしょうか。
歌手が夢みる紅白、のように。
大河に出られるなんて、本当に羨ましい。大河に出られたらやっと親孝行できたと思えるだろうなぁ。
という私も吉田先輩と同じ、だんだん見なくなる派。
今年は、頑張って全回見るように!

大河俳優で浮かぶのはやはり西田敏行さん。一時期、彼ばっかり出演してみたあな事が言われてましたが、私は西田さんが大好きなので、大河に西田さんが出てると大河感が味わえて、しかも楽しい。

前は、竹中直人とか当時の勘九郎さんとか、意外なキャスティングで驚いたこともありましたが、最近はそうでも、
なんて思っていたら、昨年の『真田丸』の堺雅人さん。
20代の頃早稲田の銅鑼魔館という小さな劇場でエアドラムをかなでる王子様役をしていた堺雅人さんを見ていたので、
あの王子様が大河の主役までに、と思うとなんだか、、、色々、、、なんていうか、、、
感慨深かったです。


大河出演した役者さんで忘れられない方がいます。
根津甚八さん。

『太平記』に出られてて、途中降板した役者さんの交代での出演。
記憶がただしければ、あれは根津さん出演の第一回目だったんだと思うのですが、
座ってる新田(根津さん)の姿が映されるシーン。
パーン!と現れた新田(根津さん)の姿が、なんともいえず渋かったのです。他の役者さんたちとは全然違う、‘華々しさ’とは全く違う、時代劇じゃないけど例えるなら
“スモーク”
のような渋さ。
その渋さに、当時高校生だった私は一気にやられて、惚れてしまいました。

調べてみたら、根津さん唐十郎の状況劇場出身、アングラ出身の方です。
あの独特の渋さは、そういうところからきてるのかしら。

大河以来、すっかり根津ファンになり、
好きな芸能人は根津甚八、と答えていました。

映画「吉原炎上」「肉体の門」。どれも素敵でしたが、
大河の新田役がやっぱり一番。
まさに、そこにいるだけで絵になる役者さんです。

昨年末、訃報を聞いてとてもショックでした。まだまだお若いのに。
晩年は役者を引退されてしまったけど、舞台とか見てみたかったなあ。
本当に残念です。


根津さん以降も色々な人にあこがれ、感動して、そして
自分も人の心に語る素敵な仕事をしてる、のに・・・

伝える、伝わる、共感する、そして、あこがれる。

雲より高い山です。


レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★

今日の夜景は本当に素晴らしかったです。満月に、はっきりとした白い雲。
そして、夜空が、ダークブルー。黒じゃなくて、空の青が残るダークブルーでした。

























田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 23:57 comments(0) trackbacks(0)
新年力作
『酉』

ずっと巣だったままの鳥ちゃんたち
朝の起き鳴きのけたたましさ
何を叫んでいたんだろう
ねっとり鳴き野良猫か
怒鳴り声か
仲間の断末魔か
飛んでいけない囲われ鳥たち
天国のなかの地獄

<<あとかき>>

あけましておめでとうございます。

あっというまにお正月が終わり、
今日から仕事初め。

カムカムミニキーナは、
お正月中も春公演の準備スケジュールが全体LINEで。
新年から勢力的に動いております!

今年も、じゃんじゃん参りますので
どうぞよろしくお願いいたします!!!


KIMG0250.JPG
年末年始は、風邪で布団の中で過ごしていましたが、
その中で頑張った2作を。


手作り年賀状を作りたくて、作成しました。
洋子のハンコのような作品はむずかしいので、早く出きる手作り、を考えた末できた酉です。
洋子や恭子から、指紋流出、血判と。
確かに。
でも、なかなかの酉だと思っております。

KIMG0262.JPG
もう一つ、お餅。
今年は、餅つきからお餅を作ってみました。
もち米がたけたらすぐついて、20分位ついたら、お餅完成!
磯部、きな粉、お汁粉餅。
つきたて、おいしかったです。
杵がわりの棒は、先がつける道具がこれしかなかったので、ドライバーですが、
でも問題なし。

皆さまも機会があったら試してみて下さい。

今年も、オリジナリティー心を持って
過ごしていきたいと思います。

レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★

KIMG0254.JPG
田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 17:54 comments(0) trackbacks(0)
ラストめくり
『愛騒音』


興奮と不安と
とにかく馴れないわれら二匹
母は、野良異種たちを可愛がり
われにより、赤ちゃん言葉でデーロデロ
父は、日毎に痰がからんで呼吸みだれ
隣のうるせージジィに、どなられ
そのうち毒もられんじゃないかと
被害妄想して、また吠えるしか解消できず。

あ〜
毛玉の絨毯じゃなくて
ほんとの緑の上で走りまくりたいんだよ。
テレビなんていらねーんだ。

<<あ、とがき>>


昨日の雨でぬれたのが原因かもしれません、
大晦日、正月はこのまま布団の中で過ごしそうです。
寝正月。。

本当は、レディースデーの今日、映画を見に行こうと決めていたのですが、断念。
今日見なきゃ見なきゃという気持ちが、
映画館のもぎりでチケットを切ってもらって、席につく、という
夢なのか現実なのかわからない幻想的な夢をみて、目を覚ましてよけいがっかりしました。
みなさん、風邪には気をつけてください。

さて、今年最後のカムめくりです。

年末の定番ですが、この一年を思い返してみたいと思いますが、

この一年、言われてハッとした一言
(今思い出せる一言)

を、思い返してみたいと思います。

「まず、設定を提示する」

春フェスの発表稽古の後の飲みで、それぞれのチームのダメだしをもらった時の、吉田先輩からの一言。
芝居作りの基礎中の基礎、「まず、設定を早く提示する。じゃないとお客さんがついてこない」ということを、吉田先輩に、言ってもらい、ハッとしました。


「結果、失敗だったんだよ」

春フェスの打ち上げにて、
スタッフさんから、内用に関して結局どういうことだったのかと聞かれて、
伝わってなかったのかと愕然としたところへ、松村さんから総括された一言です。

「いいや」

野狂の大阪公演場当たり中、八嶋さんに、八嶋さんとの絡みのシーンで「やりづらいか」相談した時に、言われた一言。まるっきり気にしてないと。
この時、自分勝手な思いに反省。芝居はもっと上の次元で作ってくもをやだなと、こんな事を言ってしまったことを恥じました。

「これは、ほんとに、女の人の話」

野狂の初通し稽古を見た後だったか
恭子が、言った感想。
やってると気づかないことが多いので
なるほど、とハッとしました。

「みんなで、助け合っていきましょう」

ほんとに個人的な事に、亀ちゃんが言ってくれた一言。
そんな、みんででって、そこまでして思ってくれるとは、と有りがたく思った一言。

「ごめん、川口さんと話に夢中で、レミと話せなかった」

客演に見に行きてくれた、元さんからの一言。正直だなぁとおもった一言。


「本当に悪かった、今度おごらせて」

謝られたときの一言。
奢るって。。と思いましたが、精一杯の謝罪だったのかもしれませんが。


今思い出せるのは、このくらいです。思い出せば、まだまだ、たくさんありそうです。


























KIMG0252.JPG
遅ればせながら、
「精霊の守り人」にはまってます。

なんか、カムカムのお芝居っぽくて、
おもしろい。
この、年末年始は、このシリーズを読んで、
野菜ジュース&みかんで、過ごそうと思います。

では、みなさん、
良いお年を〜

風邪には気をつけて。

レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★
田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 23:41 comments(0) trackbacks(0)
ことば〜アイヌの心〜
『天空と電話』

天空へ電話線を繋いで
わたしには見えない聞こえない通信を
交信しているマンホールを抱えて
まだ、テスト期間なので
色々チェックされているのです。
マンホールは風船のように自由に空へ
いつでも飛んでいく
天空からの電話線が溶けてくように
わたしはミッションをクリアしていくのです。


<<ことがき>>

ETV特集「今よみがえるアイヌの言霊」を先日見まして、とても感動しました。
見た方もいるかもしれません。

全国の民謡を研究する一貫で、戦後に採録したアイヌの人達の語りべ(節のついた語り)のレコード100枚を復元して聞くというドキュメンタリー。

今まで文字でしか見たことのないアイヌ達の語りべを、生で聞けたということで
研究者やアイヌの文化を伝えようとしている人達には、物凄い夢のようなこと。

アイヌ文化に無知な私でも、その語りべはとても素晴らしく、感動しました。

そこには、自然と共存する基本となるもの、生きていく知恵が沢山つまっていたのです。

まず、アイヌの人達の感謝の心。
木や空、動物、植物はもちろんお茶碗やお鍋などの道具もカムイ(神様)が宿っていると、感謝する。
なぜ、茶碗や鍋に?
というのは、手で水をすくうと隙間から流れてしまう、
鍋のように熱いものを手ではすくえない
ように、人間より凄い事が出来るものは全てカムイと。
なので、お茶碗が壊れたときは、祈りの言葉を捧げて感謝したそうです。

アイヌには、文字というものがなくて
全て言葉で語りつがれていったようで。

色々な語りのなかに

ユカラ

という、特別な語りべが物語を語り、皆でそれを聞くという大人の遊び!?
があったそうです。

その語られる話は、例えば男女の恋愛ものなのですが、その内容がSFでファンタジー。
主人公が天井の窓から飛んでいくのを追いかける、とか
死の世界で戦い、地上へ戻る、とか。
語りは一人称で語られるので、聞いてる人達はみんなどきどきして聞くとのこと。
その壮大な物語から生きていく知恵を学んでいったそうです。

話しのスケールの大きさは、そのままアイヌの人達の懐の大きさだと、研究者は言っていました。


いくら自然に優しく懐の大きいアイヌの人達でも、喧嘩やもめごとがおこることもあるそうで、そういうときでも、節つきの語りべで解決していくという

チャランケ(談判)

という語りべもありました。

もめごとの当事者二人と、仲裁人と3人で語られるもので、
例えば、自分の領土を侵して猟をされたことについて、
被害者&#10145;私は自然にさからわず真面目にやってきたのに、あるとき突然私の前をふさぐものが現れた
加害者&#10145;侵かすつもりはなかったが、突然熊が現れて、撃ってその肉や皮を売ってしまった、私は罪をおかした、謝りたい

と。
解決するまで、何時間でも歌うそうで、罪と理由、詫び、をゆっくり節をつけて、ゆっくり語るそうです。
そうすることで、感情的にならずにすむからとのこと。

なるほど〜
ゆっくり、節をつけることで、怒りを抑えるというのは、
まさに、目からうろこ。
オペラみたいだったら、感情がたかぶって刺してしまいそうですが、
民謡のように低スピードならではのもの。

チャランケは、解決したらそれで終りというのではなくて、
その事例を参考にして、今後起こったことの知恵にしていったそうです。

知れば知るほど、素晴らしいにつきるアイヌの考え方。

先人達の知恵、なんて番組もありますが、
今より原始的だった昔の人達の知恵を学ぶと、
生きていくということは、結構責任があって、それは楽しいことだなぁ
とちょっと思ったのです。

テレビでみた知恵を、すみません。

レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★

田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 00:17 comments(0) trackbacks(0)
no title
『月の酔いしれ』

あのときの夜のように
満月が霧で幻想的に
魔夜の森を
愛欲的な湿度たかい白いシーツを
気楼に色を塗ったあの夜は
もう訪れない

いつもコンパスで書いたような
パキッとした月を
目のあたりにするのかしら


<<あてかき>>

KIMG0247.JPG
今宵は、コンパスで書いたような
円形の月ですね。

月はまんまるすぎてもあまり、、、
少しかけてるほうが素敵ですね。


月と言えば、
子供の頃、学芸会で、月とか太陽とか星とか、そういう天上にあるもの役には縁がなかったです。

天上が照らす、地上の者でした。

役は先生が決めるから天上役はだいたい決まっています。

でも、今思いかえすと、天上役になりたいと思ってなかったし、
田んぼを耕して、手拭いで汗をぬぐう、っていう動作がすごく気に入って得意になってやっていたのを覚えいます。

しかし、はしかにかかって、直って復帰したら、天上でも地上でもない、
鳥という間の生き物になってしまったことがありました。
一こと言って、一周してはける。
モチベーションがさがった記憶があります。

今だったら、楽しく出来そうですが。


と、最近、子供のころの学芸会のことを思い出します。
過去の自分の出演舞台よりも。
最近はボケてしまったのか直近の舞台が思い出せません。

自分が死の間際に自分の人生を思い返した時に何を思い出すのか、
学芸会なのか、出演した舞台の1つなのか。それとも、全然違うことなのか。
なんでもいいけど、全く舞台を思い出さなかったら、寂しいですね。


月と言えば、
ベートーベンの『月光』という曲に感動して、一生懸命練習したのですが挫折しました。

『月光』のあの暗い感じの繰り返しが転調していく感じが好き、
月に色々形がかわるその月の姿を表してるのかなと勝手に思っていました。

月の形が変わるのは、切ない希望がありますよね。

次の上弦の三日月の時にまた会いましょう、とか、
ロマンチックで、ドラマチックに思います。

と、今日の幾何学的な月をながめながら
なんでもない事をめくってしまいました。

わたしは、月のなかのウサギなのか、魔女なのか、どちらも
全く見えません。
なんの絵にも。
そういうロマンチックな創造力は乏しいようです。

レミーマルタン・コニャックでした。おやしすみタバタ★★★

田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 22:43 comments(0) trackbacks(0)
今年最後の〜
『やられた日』

バウンズの上ゴマからゴマを
ぴょんぴょん飛んで
絡まってやがるチーズやピクルスを押し潰してやろう
と、自信にみちてたけど
氷河のひとかけらの氷の上にいる
ひとりぼっちの
じぶん

だった


<<あとにかく>>

チャリT企画『ジャパコン』が日曜日に千秋楽をむかえました。

お芝居の内容、役柄、座組などなど、色々な意味で、
本当に素晴らしい作品に出演できたことを心から感謝しています。

何より嬉しかったのは、見て頂いた方々が楽しんでくれて、好評だったこと、
何か一つが突出して評判がいいのでなく、例えば何々さん面白い!とか、
皆さん、お芝居の中身を評価してくれたことが嬉しかったです。

そういう感想を読むと、内容に感動してくれたんだな=ちゃんと伝わったんだな、心に通じたんだな、
ととても嬉しいわけです。

残念なのは、もっと多くのお客さまに見ていただきたかったこと。
もう少し長くできたら、口コミの効果もでたんじゃないかと
とっても残念でした。

『ジャパコン』には色々なテーマがありましたが、その一つに
自分と違う人間をどうするか
というのがありました。

自分と違う価値観の人とどう接するか。

それは、芝居内容以外で、『ジャパコン』の稽古中ずっと私についてまわっていました。

自分と違うお芝居の価値観の相手とどう接するか。

よく芝居の稽古で基準になる、「それはリアルなのか?」問題。
今のはリアルな反応なのか、疑問。

あなた個人の反応としてはリアルかもしれないけど、シーンとしてはリアリティーじゃないんじゃないの?
と、偉そうですが、違和感を感じるのです。

そこで飲み物飲むのはリアルだろうけど、それでワンテンポ遅れるのはシーン的にスムーズじゃないんじゃい?
という、ちっさいものから、他にも色々価値観の違いを感じることがいくつかありました。

どんなに疑問を感じても、お芝居では受け入れることが絶対ですが、違和感は消えない。

しかし、、、その違和感は私の勝手な価値観で、その人にとってはスラスラ台詞まわされるほうが違和感なのかもしれないし。

その私にとっての違和感を受け入れてどう対応するか、私の課題でした。

そういう気持わるさを感じて葛藤するのも、客演の醍醐味かもしれません(^∇^)

今年最後のお芝居に、色々葛藤させてもらって、なんか考え深いです。

今年最後のといえば、
カムカム忘年会イベント
〜ザ★カンパイ〜
http://www.3297.jp/topics/?p=730

こちら、よろしくお願いします♪


隣の部屋から、恒例の大きい鼻歌が聞こえてきました。
のってんな〜

夜遅いですが、これから、この違和感を受け入れなければなりません。

生きていく醍醐味てすね、違和感との葛藤は。


レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★



























田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 23:53 comments(0) trackbacks(0)
初日!!
『初日』

だるま餅
どこまでのびる

電子レンジの
スライムにならぬよう

地べたにはってでも
のばして、
足下ふん返し

後ろ髪をひかせてやるわ


<<あとがき>>

1480510930697.jpg
チャリT企画『ジャパコン』初日、
無事、終了しました。

あ〜、げがなく終えることができて、
ひとまず、安心。

見てくださった皆さま、
本当にありがとうございます。

見てくださるお客さまがいて、楽しんでいただけて、
やっと、長く何度も試行錯誤した稽古が報われます。

この瞬間がとても幸せ。


おもしろかったです。


この言葉を聞いた瞬間、
疲れがとぶのです。


感想は、もちろん、千差万別だけど、
少なくとも、私の知り合いのお客さまは
楽しんでいただけたようで、
いま、ほっとしています。

本番期間中にもかかわらず、きてくれた
靖子。

内容が大好物なのか、興奮してくれた
栄ちゃん。

名古屋からわざわざきてくださった
カムカムの常連のお客さま。

楽しんでいただき、
本当にありがとうございました。

残りもがんばりますっ!

というわけで、
12月4日まで、座高円寺にて
チャリT企画『ジャパコン』
http://www.chari-t.com/pc/information.html

どうぞ、よろしくお願いいたします。

楽日まてまテンションたかく、
母ちゃん、やります!!!

レミーマンタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★







田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 17:45 comments(0) trackbacks(0)
ザ★カンパイ、妄想篇。
『乾杯』

あ、あと、少しで
時計がリセットする
ワイングラスをあてあわそう
唇が透けてみえるよ


<<あてがき>>

今年、ある忘年会に初参加する予定なのです。

毎年行けずに、そろそろ行かなきゃと思いつつ、、、3年がすぎ、、、
今年こそは行かないと、やっと実現。

毎年参加している人にその様子を聞くと
“よろしくお願いいたします”挨拶が
メインテーマとのこと〜?

楽しめるか、不安、不安。

でも、お店は、美味しそうな韓国料理店。チャプチェ、キムチ、サムギョプサム、、楽しめる!

よっし、楽しみに心構えよう、
事務所の忘年会!!!

挨拶&#10145;お酌み&#10145;気の聞いた話&#10145;上手い合いの手&#10145;亀岡孝洋?!
亀ちゃんは、さておき、、。

社会人として必用な技です。がをばらないとねっ!!!


さて、
毎年恒例のカムカム忘年会。
お呼びして誠に申し訳ないのですが、私自身、忘年会イベントに参加したことがありません。

なので、忘年会になにがあったら喜んでもらえるのか、
アイディアがへいたん。
皆さんにアンケートをしたいくらいです。


そこで、私だったら、と改めて考えてみました。

今、忘年会を一緒にしたい人。

JUJU。

栗原はるみさん。

落語家の鬼丸さん。

モーリーロバートソンさん。

江原さん。


この人たちと、
歌を聞かせてもらって、お料理食べさせてもらって、悪口落語をきいて、
面白い人生話聞かせてもらって
未来の話をきく。

忘年会でなくてもいいじゃん

ですが、
何かをやってもらいたい人と一緒に過ごしたいんだな、やっぱり
ということがわかりました。

私が皆さんに出きること。
楽しく話をする。とにかく楽しく。


12月17日(土)は、とにかく
たくさん、話しましょう。話きったーってくらい話ましょう。

悔いのないくらいたくさん話しましょう。

恋ばな。普段ばな。私へのダメばな。告ばな。
なーんでもOK


お待ちしております♪♪

http://www.3297.jp/topics/?p=730


レミーマルタン・コニャックでした。
おやすみタバタ★★★





























田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 00:56 comments(0) trackbacks(0)
チャリT企画『ジャパコン』に〜
『たまごのパック』

グツグツ煮立っても
興奮してヒビがはいっても
茹であがっても
5×2列の
パックにはいった
卵たち
みーんな同じ


<<あしたち>>




IMG_20161116_224653.jpg
チャリT企画『ジャパコン』初日まで約2週間!!

ただいま稽古まっただなかです。

チャリT企画。

お芝居の題材も、作り方も、種類も、違うけど、
カムカムに似てるなあと思うのです。

独自の題材で、自分たちのやりたい演劇をとことん追求する。

そんなスタンスが、とっても劇団ぽい。

そのコアな感じがとても面白くて、自分をワクワクさせてくれます。

憲法

が、『ジャパコン』の大きなテーマ

でも、主軸は、
憲法を取り巻くいろんな人間の滑稽さ。

マジでとことんマジで生きて、主張する
どっこいどっこいの人間たち。

お芝居は、
その滑稽さがみえれば、憲法がはっきり生もので見える
と、思います。

それを目指して、只今稽古中。

是非、目撃してみてください。

























KIMG0218.JPG
稽古が終わって、これこら稽古場飲み直前の稽古場当風景です。


今回の座組、いや〜みんな飲みますわ〜

『ジャパコン』お待ちしております。

11/30〜12/4
@座・高円寺1

http://www.chari-t.com/pc/information.html


レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★
田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 23:31 comments(0) trackbacks(0)
円劇
『舌』

命の足掛けか
どんどん刈られてく
まったいらの平らが
わたしを無神経に
ガラスの中に

火花散る舌のうえで 
踊る
跳ねる砂利

フィルム流れる
そこに写る、わたしが目を瞑っていく姿

ああ、最後に見る身の体
わたしが、地面ほって沈んでく


<<あまがき>>

世界はどんどん変わっていくんです。

お昼のアメリカ大統領戦投票速報の番組で、木村太郎さんが言ってました。

他の出演者が放心状態のなかで、木村さんだけは「ほらみろ」と予想通りの展開に確信してるようでした。

予想外、とかそんな甘いことじゃない。油断。変化感知不足だよ!
と、言われてるように感じました。

まさかそこまで、なんて常識はもうないのです。まさかってことが沢山起こるんです。

大統領が決まった映像をみてると、
西部劇を思いだしました。
どんどん打たれて、どんどん排除されていく。

わたしが、Twitterでフォローしている『ネイティブアメリカンの名言集』をみんなに読んでもらいたい。










KIMG0202.JPG
文化の日、埼玉県の本郷地区の文化祭にいってきました。

20年以上続いてきている、町内劇団『夢の酔民社』の公演を見に。
劇団員は、ほぼ60代の女性。
文化祭で公演するのはもう10年以上になるそうで、文化祭の出し物のラストを飾る、名物です。

いや〜
予想以上のレベルの高さにビックリ。
脚本、演技、場転、素晴らしかった。
舞台セットだけ、予算の関係でそろえることがてきないのが残念。

なにより、
お客様の期待値の高さがすごい。
大衆演劇のようでした。
舞台とお客様の一体感があんなに。うらやまさしかったです。

奈良の古事語り部座のような方々が
こんな身近にあったなんて。
うれしい!
劇団員の生き甲斐であり、町内会のは人たちの年一の楽しみであり、
老人ホームでもやるそうですが、皆が喜んで、元気になってくれるそうです。

みんなを幸せにしていました。

まさに、
円劇
でした。

公演終了後は、劇団員のお家にあつまって反省会。という名の、公演ビデオみながらの色々言い合い会。
爆笑会です。
そして、来年のプログラムを考える。

お客様が喜んでくれるもの&自分たちのやりたいもの。

プロだ。

やりたいものをほとんどやってきた皆さん。
次回公演の演目を考えるのは難しいそうでした。

色んな案が出るなか、
西部劇は、候補にはあがりませんでした。

レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★







田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 00:01 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/48PAGES | >>