従事するアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

いきなりですが、今度、2月19日の日曜日、中目黒のTRYというライブハウスで、海月ひかりというシンガーソングライターの子と、音楽と演劇のコラボライブします。

久々に自分たちで劇場を抑えて、稽古場も取って、チケットフォームはじめて作って、受付のお手伝いをお願いしたり、お釣りを用意して。

いやあこーゆー事やると、来ていただくお客さま事より考える様になる。

ような気がする。

最近、企画公演のチラシの作成や、動画の作成などを通じて、こーしたら、見る人がどう考えて、どー反応するかな。

まずは、そこに見る人の視線を集めなければ、いくらその場所で何をやっても無駄になってしまう。

お客様の注目を集める為にどんな工夫をするのか。

これは演技にもつながる。

ような気がする。

それがわかれば、逆に、お客様の注目を集めてはいけない時の佇まいも理解出来るようになる。

かもしれない。

とにかく、今結構楽しんで作品作りに従事しております。

従事する。
仕事に携わる事。

お客様は、従事する立場ではございませんが、是非ともこのコラボライブにいらして、携わって頂ければ幸いでございます!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海月ひかり×なめくじ劇場Live
『すばらしい世界』
2017.2/19 17:00〜
@中目黒トライ
料金:2500+1drink

【チケットご予約はこちら】↓
quartet-online.net/ticket/vhlromm

【海月ひかり】
umizuki-hikari.com

亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 22:55 comments(0) trackbacks(0)
アレの関わり方。
お疲れ様です。亀岡です。

先週は出演していた朗読劇の初日でした。
そしてカムめくりをめくるのをすっかり忘れて、結局次の日の夜、朗読劇の2日目にして千秋楽、その打ち上げ中に抜け出してトイレでカムめくりをめくっていたのが、先週だったんですね。
もう遥か昔に感じます。

そんな今日この頃、どーも、亀岡でございます。

まずは、朗読劇にお越し頂いた皆様、誠にありがとうございました。

昨日のレミさんのカムめくりにもありましたが、リーディングってもともと、海外から由来しているもので、自分の戯曲を上演してほしい作家が劇場に戯曲を持ち込み、劇場側が所属する役者を使って観客に公開した状態で読み合わせを行って、実際に舞台化するか否か、観客も交えて討論を行う、という趣向のものだったそう。

まあこれは昨日のめくりで充分アレしたと思うので、ここでリーディングについてあーだこーだ言うつもりはないのですが、リーディングより何より僕がすごく興味を引いたのは、

海外の演劇業界における、観客の皆様の関わり方。


いきなりですが、皆さんは演劇を観に行く時、なんで観に行こうと思いますか。

「誰々が出てるから」「誰々の演出だから」

僕もそうです。それが当たり前です。

ただ、どんなお芝居でも、読み合わせの段階で、戯曲に対して観客の皆様が意見をする機会なんてない。
ってゆーか、そんな事考えた事もありませんでした。

でも、海外の演劇業界では、どんなお芝居を観たいか、観客が意見を言える機会がある。
そして、今度のレミさんが参加するリーディング公演でも、お客様を交えての意見交換の場があるとの事。

ほお。

「チケット代を払うんだから、ちゃんとした作品を、自分が納得する作品を作ってもらいたい」

わかりませんが、そんな理由で、その公開読み合わせを観に行って意見を言う観客の方もいらっしゃるんだと。

株主総会とかもそーゆー感じなのかな。

「あんたの所の株を買ってるんだから、ちゃんと納得いく会社にしてほしい」

株持った事ないからわかんないけど、何となくそー考えると、そういう観客の方もいてもおかしくない。

我々役者や、演出家の方々も多かれ少なかれ、観客の皆様に納得してもらえる作品をつくる為にやっている訳で、どの段階からお客様の意見を入れるのかは、色々とあるとは思いますが、"その段階から関わりたい"という感覚をお客様が持っているというカルチャーに、とても興味を惹かれました。

観客の皆様がいないと演劇は成立しません。
もっともっと観客の皆様に、"関わりたい"と思って頂けるような事、これはどんどんやるべきだと、そんな風に思いました。

「いい作品を観たい」

我々も次の劇団公演に向けて頑張っていきたいと思います。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 23:57 comments(0) trackbacks(0)
アレ?
お疲れ様です。亀岡です。

本日、今参加しております朗読劇の楽日でございました。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
そして、ダブルキャストだったので、我々のチームは昼で最後のステージが終わりまして、そのあと劇団員の長谷部洋子からのLINEを見ました。

アレ?

「カムめくり、上がっておりません。」

血の気が引きました。

久々です。
いや今までもお前アップ遅れてただろ。
もちろんそーなのですが、ってゆーか「もちろん」ってゆーの自体どーなんだって話なんですが、ほんとに申し訳ございません。

久々に、前に劇団にいらした、時間やルールに厳しい先輩の顔が浮かびました。


人前に立つという事。やっぱり大事。

朗読劇でも舞台でも、人前に立つのは同じです。

もう今年で40になりますが、もっともっと色んな舞台を経験したいなって思います。


なんだか青臭いですね。
アップが遅くなっちゃったからかな。

ほんと、そーゆーところは大人になりたいものです。

ほんとにすみませんでした。
それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 22:54 comments(0) trackbacks(0)
アレの新年会。
お疲れ様です。亀岡です。

本日も、アップが遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

本日は、昨年末に吉田さんのイベントを手伝ったみんなを中心に、吉田さん宅で遅めの新年会。

だいぶ遅いですが。



たこ焼きパーティー。

昨年のカムカム本公演『野狂』で出演してくれた、吉田さんの年末のイベントでも色々手伝ってくれた江崎くんと吉田さん、そして佐藤恭子さん。

寂しい感じですが、この後、長谷部洋子とか栄治郎さんも来て、結局ワイワイガヤガヤ楽しい新年会。

最後、吉田さんはこうべを垂れて、泥酔マックス状態。

「洋子の事が好きでたまらないんだ。」

そう言い続けながら、眠りにつきました。



そんな報告を、LINEで恭子さんから頂きながら、僕は結局その飲み会には伺う事が出来ませんでした。

楽しそうな飲み会。

今年も何やら3月に、吉田さん、やるようです。
映像を作って欲しい。チラシを作って欲しい。依頼が来ております。

で、次こそは飲み会、参加させて下さい。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 00:24 comments(0) trackbacks(0)
おみくじのアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

すみません。すっかりカムめくりのアップを失念しておりました。申し訳ございませんでした。

改めまして、カムめくり木曜日担当、亀岡でございます。

最近、久々に携帯のスケジュール管理アプリを使っておりますが、うん、カムめくりもこれからは入れておかねば。

そんな訳で、遅れてのアップ。

最近は、2月の頭に朗読劇の本番があり、台本と向かい合う毎日です。

そんな中、ふとこの前買い物の時に財布の中にこんなもの。



今年の初詣で行った、三峯神社。
そこで引いたおみくじに入っていた、なんか。

今年は、劇団の6月の本公演が、『狼狽』という事で、狼に因んで、劇団員たち数名で、秩父に車で行って参りました。

そこでおみくじを引いた時に中に入ってた、これ何なんですかね。オマケ的な、ちょっとしたお守りかしら。

まあそれはいいとして、そのおみくじ。
今年は"大吉"でございまして、そのおみくじを、例年通り、近くの木の枝に結ぼうとすると、

「あたし、おみくじは持って帰る派です。」

新人の柳瀬芽美がそう言っておみくじをお財布に。

え、持って帰る派ってあんの?

「いやわかんないですけど、うちではいつもそうしてるんです。」

別に願い事とかではないから、"願いが身を結ぶ"とかではないけど、"神様とのご縁を結ぶ"的な理由や、"悪い運勢を家に持って帰らない"とか、結ぶ理由は色んな理由があるみたい。

でも、ちょっと調べてみたら、普通に結構いるみたい。持って帰る派。

神社でも、持って帰る派を推奨している神社もあるみたい。
ゴミになってしまったり、設置場所を設けてる神社もあるけど、木の枝とかに結ばれると、木の成長を妨げたりするとか、色々とこちらも理由があるみたい。

色々調べてたら、ネットに載っていたら情報で、色んな神社に結んだ方がいいのか否か、問い合わせた人がいるみたいで、その神社の中で、こんな答えが。

「お持ち帰りいただく事をお勧めしております。おみくじをよく読んで、その助言を常に大切にし、結果を戒める事が大事です」

これね、意外と大事だと。

正直もう既に、"大吉"だった事は覚えているけど、内容まではハッキリ覚えてない。
でも確かに、書いてある事覚えていて、常に意識していたら、1年何か変わるかもしれない。

例えば、『恋愛…様々な誘惑に負け、気が散っています。集中せよ。』

これね、1年って長いからどーしても忘れちゃうけど、財布に入ってたら、ふとした時に読み返して、「ああ、今気が散ってるな。集中しよ!」って、なるもん。

だから、まあ別に、携帯にメモればいいじゃんとか、覚えてるから大丈夫とか、ともすれば、占い信じない、もちろんそーゆー人たちもいると思うけど、今年の僕は、持って帰る派。そして、持ち歩く派。

ふとした時に見返して、1年間、助言を大切にして、結果を戒めていきたいと思います。

重ね重ね、アップが遅くなり、申し訳ございませんでした。

それでは、また。

亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 14:19 comments(0) trackbacks(0)
ルーティーンのアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

新年明けまして、ナンダカンダとバタバタさせて頂いております。
今年はね、なんだか色々ありそうな年。
いや、色々ある年にする。

そんな意気込んでいる今日この頃なのですが、今日テレビで、スポーツ選手が"ルーティーン"の話をしていて、なんとも興味深く話を聞きながら、色々と考えてみた。




"ルーティーン"と言えば、有名な所でいうと、イチロー。

誰もが一度は真似した事のある、バッターボックスに入る時のルーティーン。

そして、記憶に新しいラグビー五郎丸選手のあのポーズ。


これね、ルーティーンってどんな効果があんの?
それをする事で何になるの?
そんな風に思って前に色々調べた事があって。

でね、まあルーティーンには確かに色々な効果があったんだけど、その効果のひとつに『集中力を高める』というものがあります。

ルーティーンを行う事で、集中力が高まる。

じゃあなんで集中力が高まるの?
それも理由はいくつかあるのですが、演劇的観点から、僕がしっくりきたのがアレ、じゃなくてコレ。

『擬似的集中』

例えば好きな曲を聴く時に集中する。
好きなものを見る時に集中する。

集中したい試合や出来事の前に、普段集中してやっている行為をルーティーンに取り入れる事で『脳を擬似的に集中』させて、そのまま試合に挑んでいく。

試合前にリラックスさせる為にやっているような行動も、実は自然と集中力を高める効果も果たしているんです。

ルーティーン。

あとは、同じ事を常に繰り返す事によって、何かアクシデントがあって動揺する様な事があっても、ルーティーンをする事によって、脳がリセットされる効果や、身体の微妙な変化に気づく事が出来る。

そういう効果もあるんだって。

僕が自信を持って、もう何年も続けていると言える唯一のルーティーン。

ベッドメイキング。

まあ要するに、起きたら布団を畳むと言うルーティーン。

いいんです。ルーティーンだって思えばそれがルーティーン。

布団をいかに綺麗に素早く畳むか。
その力加減や効率的な動きを考える集中力。
そして、あれ、今日布団畳む時、ちょっと左腕が張ってた様に感じた。
身体の微妙な変化に気づく事が出来る。
ブログの更新が遅れた。
ミスした動揺も、布団を畳む事でリセット。


ルーティーン。

大リーグに行った前田健太投手は、ルーティーンがドンドン増えて、今25個ものルーティーンがあるんだって。

今年は僕も、もうちょっと効果的なルーティーンを探せる様、アレしていきます。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 22:56 comments(0) trackbacks(0)
一年のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

新年1発目のカムめくりという事で、
改めまして、今年も宜しくお願い申し上げます。

さて、この度は、ひとつ皆様にご報告がございます。

わたくし亀岡孝洋、昨年からずっと皆様に隠していた事がございました。

いつかは言わねばと思いつつも、まあわからなければ大丈夫だろうという安易な思いから、そのままズルズルと年も越してしまいました。


確かに昨年の頭には、アレしていたと記憶しております。

それがいつの間にかどこかへいってしまい、その後はナンダカンダやり繰りしながら、ごまかしごまかしやっておりました。

しかし昨年の年末頃から、もういい加減ごまかしが利かなくなり、何とかならないかと方々回って、ようやく先日ひとつの答えに達したので、ここでご報告させてください。


メガネの耳にかける部分。

そこにゴム製のメガネ留めをずっと付けていたのですが、昨年頭に紛失してしまってから、黒ガムテープを三角にして耳にかける部分に貼って、その場をしのいできました。



はじめは軽い気持ちで、すぐに新しいのを買いに行って付け替えればいいと思っておりました。

「え?これガムテープ何で付けてんの?」

「いやメガネ留めの為に付けてたゴム製の奴があったんだけど、なくなっちゃって、応急処置だよ応急処置!」


それからそのまま春が過ぎ、夏のカムカム本公演の稽古が始まって、本番に入り、本番の舞台でも、そのガムテの付いたメガネでお客様の前に立ち、ドラマの現場や映画の現場、某局で八嶋さんがゲストの番組でコメント映像で出演させて頂いた時も、全ての現場で、そのガムテの付いたメガネでございました。

お疲れ様です。亀岡です。

新年1発目のカムめくりという事で、
改めまして、今年も宜しくお願い申し上げます。

さて、この度は、ひとつ皆様にご報告がございます。

わたくし亀岡孝洋、昨年からずっと皆様に隠していた事がございました。

いつかは言わねばと思いつつも、わからなければ大丈夫だろうという安易な思いから、そのままズルズルと年も越してしまいました。


確かに昨年の頭には、あったと記憶しております。

それがいつの間にかどこかへいってしまい、その後はナンダカンダやり繰りしながら、ごまかしごまかしやっておりました。

しかし昨年の年末頃から、もういい加減ごまかしが利かなくなり、何とかならないかと方々回って、ようやく先日ひとつの答えに達したので、ここでご報告させてください。


メガネの耳にかける部分。

そこにゴム製のメガネ留めをずっと付けていたのですが、昨年頭に紛失してしまってから、黒ガムテープを三角にして耳にかける部分に貼って、その場をしのいできました。



はじめは軽い気持ちで、すぐに新しいのを買いに行って付け替えればいいと思っておりました。

「え?これガムテープ何で付けてんの?」

「いやメガネ留めの為に付けてたゴム製の奴があったんだけど、なくなっちゃって、応急処置だよ応急処置!」


それからそのまま春が過ぎ、夏のカムカム本公演の稽古が始まって、本番に入り、本番の舞台でも、そのガムテの付いたメガネでお客様の前に立ち、ドラマの現場や映画の現場、某局で八嶋さんがゲストの番組でコメント映像で出演させて頂いた時も、全ての現場で、そのガムテの付いたメガネでございました。


罪悪感は、なかったといえば嘘になります。

お客様が見てくださる舞台ではもちろん、テレビ番組に写る状況で、ガムテープが付いてしまっているメガネを付けて、どのツラ下げて人前立ってんだ、って話です。

そう思い始め、年末から、なくした部品を探しにハンズやドンキ、メガネ屋さんなど回ったのですが、どーにもこーにも見つからない。

そして年を越して、つい先日。

近所の100均に大量に置いてありました。


こちら。

これからは罪悪感もなく、自信を持って皆様お客様の前に、ガムテの付いていないメガネで、立つ事が出来ます。

今年はそんな感じでら新たな気持ちで一年臨みたいと思っておりますので、改めまして、何卒宜しくお願い致します!

罪悪感は、なかったといえば嘘になります。

お客様が見てくださる舞台ではもちろん、テレビ番組に写る状況で、ガムテープが付いてしまっているメガネを付けて、どのツラ下げて人前立ってんだ、って話です。

そう思い始め、年末から、なくした部品を探しにハンズやドンキ、メガネ屋さんなど回ったのですが、どーにもこーにも見つからない。

そして年を越して、つい先日。

近所の100均に大量に置いてありました。



こちら。

これからは罪悪感もなく、自信を持って皆様お客様の前に、ガムテの付いていないメガネで、立つ事が出来ます。

今年はそんな感じでら新たな気持ちで一年臨みたいと思っておりますので、改めまして、何卒宜しくお願い致します!
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 23:55 comments(0) trackbacks(0)
アレを振り返る。
お疲れ様です。亀岡です。

2016年。

今年最後のカムめくりです。

その年内最後のカムめくりの更新遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

2016年も、もう残りわずか。
年内最後のブログとかの定番。
写真で一年を振り返る。

わかくしもちょっとやってみたい。
という事で、皆様もこちらをご覧になりながら、是非ともご自分の携帯などで、ああこんな事あったなとかアレしてみてください。


まずは1月2月3月。



1月。友達のユーチューバーの動画企画で軽井沢への弾丸旅行。

2月3月は、カムカムショートチャレンジフェスの稽古と本番。



4月。
僕が参加しているなめくじ劇場というユニットでやってる短編映画の撮影。


5月は劇団の大先輩、吉田さんとのライブハウスでのお芝居の稽古と本番。


そして6月からはいよいよカムカム本公演『野狂』の稽古でございます。


ここまでで半年。

皆様お気付きかもしれませんが、写真で振り返るとか言っておきながら全然写真がありません。

自分でも驚いております。

この後の半年も色々ありましたが、今確認したら、載せられるレベルの写真は一枚しかありません。


7月は『野狂』の本番。

久々に、地方公演の合間に色々行きました。
京都。六道珍皇寺。京都御所。大阪。京セラドーム。洋食屋もなみ。

8月9月は、初めて参加させて頂いた、箱庭円舞曲という劇団の『あなただけ元気』。
稽古と本番でした。とても刺激的で楽しい時間。


それから年末にかけては、色々と映画祭に参加させて頂き、初めて、お笑いライブなるものに参加させて頂いたり、ラジバンダリ。

そして、昨日の12月29日は年末最後の舞台。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

間違いなく全員カムカムのお芝居を見た事のない方々だったと思います。
そういう方々にも見て頂くとてもいい機会でした。
年内最後によいお仕事が出来て、よかったよかった。


ね、やっぱり写真なかったでしょ。
うん、来年は、写真ももっと撮っていこうと思います。

さて、今年振り返って、改めて濃い一年。
舞台以外も、色々なお仕事もたくさんさせて頂き、例年より新しい出会いも多い年でした。

そしてお芝居やイベントもいっぱい見に来て頂き、今まで話してくださってる方々、初めてお声掛け頂いた方々、たくさんの方々とお話もさせて頂きました。

初めてでも初めてじゃなくても、出会いは出会いです。出会いが多かった次の年は、何かいい事がある。

僕の勝手な教訓です。

ありがとうございました。
来年もいっぱいの出会いが出来るよう、活動的に行きたいと思います。


皆様、来年もひとつ、カムカムミニキーナ共々、宜しくお願い致します。

それでは、よい年末をお過ごしください。
また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 08:26 comments(0) trackbacks(0)
アレを振り返る。
お疲れ様です。亀岡です。

2016年。

今年最後のカムめくりです。

その年内最後のカムめくりの更新遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

2016年も、もう残りわずか。
年内最後のブログとかの定番。
写真で一年を振り返る。

わかくしもちょっとやってみたい。
という事で、皆様もこちらをご覧になりながら、是非ともご自分の携帯などで、ああこんな事あったなとかアレしてみてください。


まずは1月2月3月。


1月。友達のユーチューバーの動画企画で軽井沢への弾丸旅行。

2月3月は、カムカムショートチャレンジフェスの稽古と本番。



4月。
僕が参加しているなめくじ劇場というユニットでやってる短編映画の撮影。


5月は劇団の大先輩、吉田さんとのライブハウスでのお芝居の稽古と本番。


そして6月からはいよいよカムカム本公演『野狂』の稽古でございます。


ここまでで半年。

皆様お気付きかもしれませんが、写真で振り返るとか言っておきながら全然写真がありません。

自分でも驚いております。

この後の半年も色々ありましたが、今確認したら、載せられるレベルの写真は一枚しかありません。


7月は『野狂』の本番。
久々に、地方公演の合間に色々行きました。
京都。六道珍皇寺。京都御所。大阪。京セラドーム。洋食屋もなみ。

8月9月は、初めて参加させて頂いた、箱庭円舞曲という劇団の『あなただけ元気』。
稽古と本番でした。とても刺激的で楽しい時間。

それから年末にかけては、色々と映画祭に参加させて頂き、初めて、お笑いライブなるものに参加させて頂いたり、ラジバンダリ。

そして、昨日の12月29日は年末最後の舞台。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

間違いなく全員カムカムのお芝居を見た事のない方々だったと思います。
そういう方々にも見て頂くとてもいい機会でした。
年内最後によいお仕事が出来て、よかったよかった。


ね、やっぱり写真なかったでしょ。
うん、来年は、写真ももっと撮っていこうと思います。

さて、今年振り返って、改めて濃い一年。
例年より新しい出会いも多い年でした。

そしてお芝居やイベントもいっぱい見に来て頂き、今まで話してくださってる方々、初めてお声掛け頂いた方々、たくさんの方々とお話もさせて頂きました。

初めてでも初めてじゃなくても、出会いは出会いです。出会いが多かった次の年は、何かいい事がある。

僕の勝手な教訓です。

ありがとうございました。
来年もいっぱいの出会いが出来るよう、活動的に行きたいと思います。


皆様、来年もひとつ、カムカムミニキーナ共々、宜しくお願い致します。

それでは、よい年末をお過ごしください。
また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 07:55 comments(0) trackbacks(0)
あの人のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

いやあ、もう年末ですね。

そして、その前にクリスマス。

現在、年末の事務所でのライブの稽古で全然そんな雰囲気ではないのですが、そんな中、先日、仕事先で、ひょんな事でサンタさんに会いました。

Twitterにもあれしましたが、快くお写真も撮らせてもらって、合間にいろいろ話を聞きました。


なんでも、毎年プレゼントを配りに行っている保育園があるみたいで、今年もそこへ行ってきたんだとの事。

そこでは、毎年サンタさんへの質問コーナーとかもあって、昨年はサンタさんからのクイズコーナーもあって、最後は毎年子供たちから逆に"あわてんぼうのサンタクロース"のお歌のプレゼントも貰って、ほんとにサンタさんも毎年楽しみにしてるんだって。

特に最後の"あわてんぼうのサンタクロース"は、子供たちが毎年サンタさんの為に練習して、「あいたたドンドンドン」という歌詞で、子供たちが座ったまま足踏みをして、その度にサンタさんは床がグラグラして、尻餅ついたりして、それ見て子供たちが笑ってくれて、そんな子供たちを見るのがほんとに嬉しいんだって。

なんかでもね、そんな話をしてるサンタさんがちょっと寂しそうな顔して話してるから、

「おい、しけたツラしてんじゃねーよ。」

って言ったの。

そしたらサンタさん、

「今年は"あわてんぼうのサンタクロース"じゃなくて、違う曲だったんだ。なんだか子供たちが、興奮してドンドン足踏みがエスカレートして、親御さんたちから心配の声があがったみたい。」

だって。

確かに去年は、サンタさんクイズコーナーとかでマイク渡されちゃったりして、テンション上がっちゃって相当子供たちと交流しちゃって、子供たちも余計に興奮しちゃったのかもって、反省してたみたい。

なんだよ。
でもちゃんと子供たち、"あわてんぼうのサンタクロース"じゃなかったけど、一生懸命サンタさんにプレゼントする為に曲練習してくれたんだろ。
で、お前もちゃんとプレゼント渡して仕事して、で、子供たちも喜んでくれたんだろ。
じゃあそれでいいんだよバカ。

そう言うと、彼はその真っ白い大きなヒゲの奥で、小さく笑った。


そして、その後の劇団の忘年会。

たくさんの方々とがっつりお話出来て、なんかね、今年ももちろん色々あって、嬉しい事も楽しい事もいっぱいありましたが、辛い事も寂しい事もいっぱいありました。

でもね、観に来てくださる皆さんが楽しんで、良かったって言ってくださったら、それでいいんだよバカ。



サンタさんに会って、改めてそんな風に思った今日この頃。

改めまして、忘年会にお越しの皆様、ありがとうございました。

そしてサンタさんも、ありがとな。



そしてそして、いつも応援してくださっている皆様、来週が今年最後のめくりになりますのでまたその時に改めてアレすると思いますが、今年もありがとうございました。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 23:41 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/53PAGES | >>