夏の日のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

いやあ、いきなりですが、夏ですね。

この夏はちょっと色々バタバタしてまして、ここ何日か落ちついてきて、ようやく夏を感じてる今日この頃でございます。

みなさまは、夏と言えば何を思い浮かべますか。

海やプール。
スイカや素麺。
真っ赤な太陽に真っ青な空。
そして真っ白な入道雲。

僕の今年の夏はこれです。


テメエの夏がどーであろうと、そんなのどーでもいい。
もちろん仰る通りでございます。

でも、僕の今年の夏はそう、『北斗の拳』。


ちょっとしばらく仕事で家を空けておりまして、旅のお供にと、結果的に荷物の半分ぐらいを占めた『北斗の拳』の愛蔵版。

撮影の合間や宿泊先で読み進め、段々『北斗の拳』読みたさに早く帰りたい的な、毎週見てたドラマをずっと楽しみに待ってる、そんな昔の日々を思い出しながら、少しずつ読んでおります。

もうね、やっぱり名シーンは名シーンでサイコーにかっこいいのですが、ちょっとしたシーンでも、いちいちケンシロウがかっこいい。

『北斗の拳』の序盤に、選ばれた人間だけの国「ゴッドランド」という街があって、そこでは強い者だけが生き残っていく、レッドベレーという最強の特殊部隊が圧倒的武力で支配する街。

レッドベレーの鬼軍曹、マッドサージが、地獄の訓練の最中、

「我々は神に選ばれた人間なのだ!」

的な事を訓練生に叫ぶ。

するとその訓練生の中から、
「おれは選んだ覚えはないぞ」

と。

「なに?いったい誰だ!」
とマッドサージ。

すると訓練生の中にいつの間にか紛れていたケンシロウが出てきて一言。

「死神だ」

神は神でも、お前が選ばれるのは死神。
死神に選ばれた事を一生後悔するがいい。
そう言わんばかりのシビれる一言。

男はね、やっぱりこーゆー言葉に憧れるのね。

もうね、名シーンは名シーンで何度見ても泣けるんだけど、こんなシビれる言葉が、ほんといちいち出てくるのね。

「なにをめざす」
「天!」

何を目指してると聞かれて、「天!」と答えた事ありますか?

小学生の時は、「お相撲さん!」って答えてました。

「そんな事神が許さぬぞ」
「ならば神と戦うまで!」

これラオウね。
ラオウもいちいちかっこいいね。

ああ、なんかのいかがわしい訓練に紛れて、その訓練の悪い教官が、「我々は神に選ばれた人間だ」って言う、そーゆーシチュエーションどっかにないかなあ。

そんな事を思いながらの夏の日の今日この頃。

高校野球も始まりました。

まだまだ夏は始まったばかり。

しっかり追いついて、この夏楽しみたいと思います。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 23:48 comments(0) trackbacks(0)
地方のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

いきなりなんですが、先日、人生2度目のスナックに行きました。

ほんといきなりね、こんな事ここで書いても何にもならないですが、とにかくとても楽しかったので、今までスナック行った事がない方や、何だか興味はあるんだけど一回も行った事ない、なんて方への後押しになれば皆様もとても楽しい経験が出来るんではないかと思い、アレします。

行ったお店は、地方の多国籍スナック。

ちなみに1度目のスナックはノーマルだったので、多国籍は初体験。

入ると、ワリと広いフロアにお客さんは10人前後。
女の子はパッと見た限りで、5、6人。

『あー!あなた!来たねぇ!!』

一緒に行った、前日にも飲みに行った人に反応する女の子。

そしてもう1人。
オードリーの春日さんばりの刈り上げと体型で、後ろ姿で完全に男性だと思って、お客さんとしてカウントしていた人が、振り返ったら女の子で、

『何人?』

そう聞いてきて、

『6人です。』

そう答えると、春日さんは奥に消えていき、変わって現れたのは森三中の村上さんを細くした感じの女の子。

上田さんと村上さんに迎えられ、いざ入店。

お客さんにカウントしていた春日さんを女の子に加えて、3人が我々の席へ。

飲み物を頼んだ後につまみが出て来て、それがお皿に山積みにされた茹でトウモロコシ。

『今さっき採ってきたばかりだから新鮮だよ!』

最初に迎えてくれたくりーむしちゅーの上田さんがそーゆーので、

『さっきって事は流石にないでしょ。』

そう言うと、てへぺろと舌を出し、おどける上田さん。

その後、こんなやり取りが15回ぐらい続き、見た目はくりーむしちゅーの上田さんなのに、結局一回もツッコまず、ずっとボケ続けた上田さん。

最後には大変上機嫌になり、僕らがツッコミ疲れ。

終盤に疲れ切った僕らが床を見ると、丸まったストッキングがひとつ。

上田に確認すると、

『暑かったから』

またてへぺろと舌を出す。上田。

その奥で、一緒に行った人とチークダンスを踊る村上と、その横で、誰の相手をする事なく、ただただ空いたグラスに飲み物を注ぎ続ける春日。そして自分の履いていたストッキングを握りしめてカラオケを歌う上田。


カオス。

結局僕の周りは、最後の最後まで上田の独壇場。
ある意味すごい奴だなと、帰りにシミジミ思う。

そんな、初めての多国籍なスナック。

どーですか?
皆様も行ってみたいと思った事と思います。
是非とも、思い切って一歩前に、新しい扉を開いてみてもいいのではないでしょうか。

夏だから。

それでは、また。


と、書いたカムめくりが、今の今までアップされていない事に、今先ほど気がつき、大変申し訳ございませんでした。

夏だから。

言い訳にはなりません。気をつけてアレします。
重ね重ね、申し訳ございませんでした。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 20:26 comments(0) trackbacks(0)
昨日のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

皆様、昨日のカムめくりはご覧になりましたでしょうか。

我らが田端レミ先輩の出産。

可笑しくも、感動的な昨日のめくりは、何度見ても幸せな気持ちになります。

改めまして、レミさん旦那さん、おめでとうございます。
そして、産まれてくれた赤ちゃん、ほんとにありがとう。

最初にご報告頂いた時は、瞬間的な喜びがありましたが、昨日のめくり見て、ジワジワまた来ましたねぇ。


ね、レミさんと言えば、僕の中で忘れられない出来事がたくさんあります。

今から10年前、『小軍団』という公演がありました。

高円寺の明石スタジオという小さな劇場で、劇団員も7人ぐらいしか出ない公演。

その公演のあるシーンで、みんなで食卓を囲んでカレーを食べながら会話をするシーンがありました。

稽古ではなかなかそのシーンがうまく行かず、とにかく会話のテンポを崩さない様に何度も繰り返す。
稽古中、松村さんの演出の声が激しく飛ぶ中、稽古場の空気はピリピリマックス。

『そこの台詞もっと食って言え!食って言え!』

前の人の台詞の最後に被せる様にして台詞を言う様に指示する松村さん。

『レミ!食え!もっと台詞食って言えって!何で出来ないんだ!』

何度言われても台詞が出てこないレミさん。

みんなも自分の事で必死で周りが見えず、何回かやってるうちにようやくレミさんが目に入る。

『レミ!今!ここだよ!ここで食え!』

レミさんの口元をよーく見ると、一生懸命食ってるんです。

カレーを。

松村さんの言葉が聞こえる度に、台詞を食うのではなく、カレーを口に運んでいるレミさん。

稽古なのでマイムではありますが、とにかく一生懸命食べているので、台詞を言える訳もなく。

結局、最終的に松村さんも気がつき、思わず笑いが溢れ、稽古場のピリピリした空気が一気に和む。

いつでもそんな人です。レミさん。

レミさんの昨日のめくりを見ていると、子育ても一生懸命で何だか和んで、周りを幸せな空気にしてくれる、そんな可笑しく楽しい毎日を送ってくれる事と思います。

そしてそんな経験を経て、ひと回りもふた回りも懐の深い役者になって戻って来た時に、我々ももっと大きくなっている様に、アレします。


改めまして、レミさん旦那さん赤ちゃん、おめでとうございました。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 23:11 comments(0) trackbacks(0)
アレのチラシ。
お疲れ様です。亀岡です。

本日、7月20日。

とある締め切りを控えておりまして、その締め切りが今日。7月20日。

まあ結果から申しますと、今度の秋のカムカム本公演の『ダイナリィ』にもまたご出演頂く、元カムカム劇団員の先輩でもあります、本間茂樹先輩と、現役カムカムの先輩、吉田晋一先輩との共同企画、もう2回目なのですが、『Do it Again』シリーズ。まあ2回目なのでシリーズも何もないのですが、そのチラシのデザインをまたご依頼頂きまして、その締め切りが今日、7月20日というので、きっちり入稿致しました。


何とも夏らしい、おじさん達にはそんな夏感が何ともアンバランスな感じで、ちょっといい感じになってるかな、なんて、ちょっと思ったり思わなかったり。

でもやっぱり出来上がったものを見ると、何とも愛おしく思います。

よくね、こーゆー作業していると、今の自分の状況や思ってる事が出るって言います。

別に考えてる時や作ってる時は特に、そんな自分の状況や思ってる事をデザインに織り込んだりするつもりも一切なくやってるつもり。

でも出来上がったもの見て、改めて見るとね、ああ、何だかそんなのも出てんのかもなぁ、なんて。

なんかね、すごく色味もデザインもシンプルにしたかったんですが、なかなか文字情報が多かったりしてシンプルになりきらなかったりして。

それが何だか、やりたい事はシンプルなんだけど、やらなきゃいけない事は沢山で、なかなかまとまりきらなかったり、みたいな現状に近かったり近くなかったり。

でもまあ、そんなのも引っくるめて、ヨシとします。

とにもかくにも、夏です。
いい夏にする為に、シンプルに。

僕は出演致しませんが、このチラシを見て頂き、8/26〜27、是非とも秋葉原のライブガレージ秋田犬という所で皆様、いい夏をお過ごしください。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 23:51 comments(0) trackbacks(0)
先輩のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

本日、とある撮影の"修祓式"に行って参りました。

修祓式。

その撮影の安全などを祈願して行う行事。

何だか撮影の規模も大きく、キャストやスタッフの皆様も多く出席して、大きな神社で執り行われた修祓式。

そこには、劇団の先輩がひとり、参加されておりました。

式の前に軽くご挨拶させてもらい、いざ修祓式。

メインのキャストにも関わらず、端の方にひっそりと、奥ゆかしく佇み、手を合わせる先輩。

その後、場所を変えてキャストやスタッフの皆様の紹介の時間。

待ち時間も、メインのキャストと絡む事なく、端の方でひっそりと、以前からお世話になっているであろうスタッフの方々と談笑する先輩。

端の方で、ひっそりと。

そして紹介も終わり、「それでは最高の作品にしていきましょう!」というプロデューサーのお言葉で会は終わり、先輩は足早にマネージャーさんとともに外へ。

「宜しくお願いします!」

声だけ掛けて先輩を見送り、僕もそのあとすぐに外へ。


大きな現場。
知ってる役者もいるとは言え、緊張もそれなり。
先輩もスタッフの方々と話したりしてて、なかなかこちらから声を掛けるタイミングもなく、結局挨拶程度しか出来ず。

そんな感じで外に出たら、先輩、端の方でひっそりと佇んでいる。

「折角だからお詣りしていく?」

超絶優しい先輩。
緊張してた頭が一気に解れる。

2人でお詣りしてから、

「飯でも食う?」

再び超絶優しい先輩が飛び出る。

牛タンが食べたいという先輩の為、店を探すも、まだ時間が10時過ぎだったので、結局どこも空いておらず、他を模索するも先輩の牛タンへのこだわりは強く、結局解散にはなりましたが、僕にとっては凄く有り難かった時間。

いやあ、やっぱり頼りになります。

今回に限らずですが、こーやって劇団の先輩方と劇団以外の現場で一緒になると改めて思う。

いつまでもどこまでも先輩を頼りにしてばかりじゃダメだとは思うけど、でもやっぱり頼もしいものは頼もしい。

キャストの自己紹介の時間。

真っ先にカムカムミニキーナの名前を挙げて自己紹介をしている先輩。ちょっとだけ自分も余裕が出来て、今思えば、先輩の気づかいだったのかもしれません。

月末は、いよいよ撮影。

また情報がアレしたら、アレしたいと思います。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 23:22 comments(0) trackbacks(0)
七夕のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

もうすっかり暑くなって参りました。

なんだか最近、自分では頑張ってもどーにもならない事、自然の事、色々考えます。

ちょっと6月7月とバタバタしてまして、『狼狽』が終わってからあった色々を整理出来てなかったのですが、ようやく遅れ馳せながら、色々と。

文章って、書く事で今思ってる事や考えてる事を整理出来るからいいですね。
特に具体的には何にも書いていませんが、うん、段々と、少しずつ。

まだまだ全部はアレですが、ひとつずつゆっくり整理していきたいと思います。

絶対見過ごしてはいけない。
でも結局、自分では頑張ってもどーにもならない事をいつまでも考えても仕方がないから、じっくり向き合って、考えて、整理出来たら次。


という事で、今週は、週末に急遽出演させて頂く事になった事務所のイベントの稽古で、一生懸命ダンスを踊る毎日。

それが終わったら、来週からは楽しみな撮影が待っております。


明日は七夕。

考えさせられる色々、楽しみな色々と、そんなアンバランスな日常がバランスよく行く様に、短冊に願いを込めて、明日どこかの笹に吊るしたいと思います。


それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 23:32 comments(0) trackbacks(0)
狼狽後のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

今週はカムめくりも『狼狽』ご来場ありがとうございました週間です。

四日市、大阪、東京と、ご来場頂いた皆様、そしてスタッフの皆様、誠にありがとうございました。

余韻に浸る暇もなく次の日から現実に戻る。


草野球。

野球観戦。

レミゼラブル。

すっかり『狼狽』から新しいモードに切り替わりました。

もちろんね、引きずろうと思えば幾らでも引きずれますから、こーゆー時は早めに切り替える。

またすぐに秋には『ダイナリィ』の再演がありますから、それまでにやりたい事をやっておかないと。

いやあ、まあ草野球はさておき、野球観戦。


横浜対広島。

5年前だったら、ガラガラでもおかしくない対戦カード。

それが、横浜スタジアムを埋め尽くす、赤と青のファン。

やっぱりスタンドが埋まってると盛り上がる。盛り上がるといいプレーも出る。

サイコーの試合でした。


そして今日ね。


レミゼラブル。

恥ずかしながらの、初レミゼ。

もうね、圧倒的な歌唱力にグイグイ引き込まれて、気がついたらスタンディングオベーションしてました。

「レミゼにいつか出たいんです。」

そんな事言ってた役者仲間の勇姿に大いに刺激を受けました。

うん、何だかいい感じ。

次に向けてのモチベーションが大いに高まりました。

さあ、とりあえずやる事整理します。

改めまして『狼狽』、ありがとうございました。

今回来られなかった方は、是非とも秋の『ダイナリィ』、お越し頂ければ幸いでございます。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 23:40 comments(0) trackbacks(0)
狼狽のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

本番期間中のカムめくりもこれで最後です。
今日も更新を過ぎてしまってすみませんでした。

今回の劇団公演『狼狽』。

連日盛況でございまして、誠に有難い限りでございます。

そんな盛況の中、ここ最近、極々小さな範囲で、極々少しだけ、ブームになってるものがありまして。

それがこちら。


狼狽スタンプ。

まあスタンプってゆーか、ただ狼狽の舞台写真に文字を書き込んでアレしてるだけなんですが、なんか本番期間中はやっぱり使っちゃいますね。


公開されてる舞台写真がまだそんなになくて、スタンプの数は限られてるので、これは本番期間中飲み会帰りの渡邉礼の写真。

"ありがとうございます"って結構使うので、結局このスタンプ使う頻度が高い。


そして最後は、元尾先輩。

本番が終わる頃には舞台写真ももう少し公開されて、スタンプの数も増えるかもですが、きっと公演が終わったら、うん、使わなくなんだろうな〜。

そんな、狼狽スタンプ。

よかったら皆様もオリジナルのスタンプ作って、使ってやってください。

そんな『狼狽』も、あと残り5公演。

明日も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 02:07 comments(0) trackbacks(0)
精神的なアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

昨日は稽古場ブログ。
そして本日はカムめくり。

『狼狽』の稽古が始まってから、このルーティーンが続いてきましたが、今週でそのルーティーンも最後です。

『狼狽』、いよいよ明後日から東京公演が始まります。

池袋の。東京芸術劇場。

今回は、四日市公演、大阪公演、そして東京公演、全てが初めてやらせて頂く劇場。
なので、劇場毎に段取りなどが目まぐるしく変わります。

その為のお稽古で、今日も一日びっちりアレして参りました。

全ては、観に来て頂くお客様により良いものを精神でございます。

明日は、本番と同じ段取りでやるゲネがあり、DVD用の映像を撮影してくださる皆様が、下見してくださいます。

全ては、DVDをお買い上げ頂く皆様により良いものを精神。

そんな精神を持って、皆様のお越しをお待ちしております。

最後にスマホに残ってる写真から。


大阪滞在中、宿泊先が同じだった吉田先輩の、洗濯した後の靴下。
洗濯したのに、誰かのガムが何故かいつの間にかくっ付いていて、怒るでもなく笑うでもなく、ただただ呆然とする先輩のお写真。

『狼狽』、6/25まで。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 23:57 comments(0) trackbacks(0)
大阪のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

遅くなって申し訳ございません。
木曜日のカムめくり担当、亀岡でございます。

大阪滞在3日目。

正確には日にちを跨いで昨日ですが、本番がある近鉄アート館での舞台稽古でございました。

一週間前、四日市で幕を明けた『狼狽』を、劇場が変わったという事で、色々変更点を洗い直す。

そして、終わった後はゲストさん達と一緒に美味しいご飯。

楽しみ過ぎてもちろん写真撮ってませんので、一緒に宿泊してる吉田先輩が、みんなの為にたこ焼きを焼いてくれてるの図でございます。



大阪公演、四日市とはまた違った『狼狽』になる事間違いなし。

大阪公演、東京公演もまだまだ間に合います。

是非是非、狼狽しにアレしてください。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 01:15 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/56PAGES | >>