アイス女子会

みなさん

 

こんばんは、みくです!

 

今日も稽古お疲れ様でした。

 

台本の演出ぐんぐん進んでおります。

振り付けもバージョンアップして

より複雑でより素敵に

ピーター先生が改良!!!

ありがとうございます。

みんなで練習して素敵なシーンに

したいです。

 

さてさて、本日の稽古写真。

亀甲縛りされてる吉田さんと

その横でクールに佇む洋子さん。

なんなのこの違和感。

 

いったいどんなシーンなんでしょうか、

おたのしみに!

 

そんな亀甲縛りの縛り方、

吉田さんに素敵に縛られて頂きたく、

この度ついに私、習得しました。

後輩、そうご君でお試し縛り。

縄の可能性に心踊ります……!

本番は綺麗な縛りをお客様に

お届けしますね。。。!

 

稽古が終わった後、その場にいた皆で

ハイチーズ!!!

 

 

解散して男子組と女子組に

別れて、

女子チームはアイス女子会を開催。

(若干、酒組と肉組も混ざってます)

女子トークに花を咲かせて

明日の活力を頂きました!!!

男子は何ラーメンで男子トークを

繰り広げているのか…。

明日聞いてみたいと思います。

 

ではでは、

みくでした!!

未来「未来日記」 | 23:28 comments(0) trackbacks(0)
俺だけ現象

というわけで、今、帰宅してホッとしている時間です。焼酎を飲んでます。
この時間が大好きです。


稽古中の濃密空間の中で流れる稽古中の時間は・・・・


きっと、歪んでます。


アインシュタイン博士が発見して以来の、時空の歪み。
吉田がカムカムの稽古場で実感しました!!


カムカム性力学による・・・・
どうでも良いですね。


何を言いたいかというと、瞬間瞬間で時間を長く感じたり、短く感じたり。
そんな感覚がある「狼狽」の稽古場。俺だけ現象でしょうか?


ただ、この「俺だけ現象」が、今回の狼狽の一人の登場人物に起こります。
「狼狽」劇中での「俺だけ現象」は時間の感覚とはまた違いますが、その人だけに感じられる現象・・・・
群像劇ですから、その瞬間は、その登場人物が主役になります。俺だけ現象が起こった瞬間です。
その人にしか感じられない「現象」、それが「俺だけ現象」。


でも、日常の生活で、意外とみんな感じてたりしませんか?
「俺だけ現象」


皆さんも、皆さんなりの「俺だけ現象」あったら、是非家族や友達に話してみて下さい。きっと、そのほとんどが、「実は私も同じように・・・」みたいになるんじゃないかなぁ〜日常生活ではね。


話は変わりますが、狼狽の稽古は日々進んでます。
個人的に「今日は×場の稽古で終わるだろう」と高を括ってると、来ます!!


「え、そこまで進んじゃうの??」
狼狽、狼狽、狼狽・・・・・・・・


逆に、既に固まりつつあったシーンを再構築したり!
狼狽、狼狽、狼狽・・・・・・・・


という感じで、日々狼狽の稽古は進んでます。
そんな昨日の稽古休み。
カムカムの「スワンダイブ」「野狂」に客演して下さった福田転球さん主演の


「王将」を観劇しました。


実在の棋士、坂田三吉の生涯を描いた芝居を観ることが出来ました。
三吉を演じた転球さん、本当にお疲れ様でした。素晴らしかった。
その感想はここでは長くなるのでまた改めて書くとして、終演後に劇場を出る際、嬉しい声がありました。
小さな劇場なので、出口に向かって観客が一列に並んでいると、私に見知らぬ女性が声をかけて下さりました。


「カムカムミニキーナの方ですよね。狼狽、観に行きます!!」


恐らく転球さんのファンの方だと思うのですが、嬉しかったです!!!
チョッピリ恥ずかったので、ちゃんと対応出来ず、すみません。でも嬉しかった。
カムカムの輪が広がってるし、「狼狽」を楽しみにして下さってる人が確実にいる。


その方は私の名前まで知らなかったようなので、一応、言っておきます。


私は、吉田晋一(ヨシダシンイチ)。カムカムミニキーナの吉田ですよ。


この世に、もう一人の片割れのヨシダシンイチが・・・・いるかもしれませんので、ご注意を!!

吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 22:39 comments(0) trackbacks(0)
小道具づくり
image1.jpeg

image1.jpeg
おつかれさまです。
やすこどす。


本日稽古オフにつき、
みんなで小道具作業に勤しむ日。


めいみセレクトの、80年代歌謡曲シャッフルが鳴り響く作業中。

中森明菜、山口百恵に混ざって、
ちょいちょい流れる尾崎豊。


この時代の曲って改めて聴くと、どの歌もすごくメッセージ性が強いのですね。

とても歌詞がしっかりしていて、歌い手の方も歌がとっても上手いし、なによりしっかり伝えるという歌い方なので、
こう、なんというのでしょうか、
安易に聞き流すということができない………

なので、小道具作業の傍のBGMとして流している場合、
尾崎豊さんは、あまりのメッセージ性の強さに、聴き入ってしまって考え込んでしまって作業が滞る…という事態になってきたころ…

えいさんセレクトの洋楽を流し始めました。

なぜか、全曲カバーバージョン。

本人のやつを聴かせてよ、とヤジが飛び始めたころ、
マイケルジャクソンが流れました。


写真は、マイケルの曲に乗って、作業中に踊っていたえいさんです。

そんなこんなで本日の小道具作業。
色々進んだ模様。

青蛾館で洋子さんたちとご共演されていたガースーさんや、野狂に出てくれたゆかもお手伝いに来てくださって、本当に本当にありがたかったです。。。
手を汚しながら色ぬりもしてくださって、有難い限り。。
本当に、ありがとうございます!!!


色んな方のご協力あっての狼狽!!
胸にとめて、心に刻んで、明日からも、稽古&作業頑張ります!


ではでは、靖子でした!




田原靖子「やすこのノットすこやかダイアリー」 | 23:39 comments(0) trackbacks(0)
モッパー、ボールボーイボールガール

礼です。

 

今日も狼狽稽古でした!

 

栄さんの汗が今日一段とすごくて床にポタポタ落ちながらとあるシーンを稽古していたのですが、その床に落ちた汗をめいちゃんが必死にモップで拭いていました。

 

なんかバレーボールの試合見てるみたいでした。

 

栄さんがバレーボール経験者だからなのか栄さんがバレーボール選手に見えて、めいちゃんはコートに落ちた汗を拭くモッパー。

 

モッパーってかっこいいんですよね。試合中集中切らさず汗を拭く。選手が滑ってプレーに影響が出たり怪我をしないために。
自分たちの汗が床に落ちるなんてもってのほかだから、たまに床を拭いたタオルで自分の汗拭いたりしていてかっちょいいなとつくづく思います。

 

テニスのボールボーイ、ボールガールも同じくかっこいいです。
2012年全豪オープン「ナダルvsフェデラー」のボールボーイは一躍有名になりました。あの集中力はすばらしいです。

 

僕は集中力がすこぶるないので彼ら彼女らを心より尊敬します。

「カム ♪ ロテ」 | 23:54 comments(0) trackbacks(0)
適正
本日ももちろん「狼狽」だったわけですが、
本日のメニューは振り付けと、歌、
そしてシーンの練り直し!
練り直しのシーン以外のメンバーは新しいところのシーン作り!
そして小道具作り!
今日も脳みそが溶けそうでした。
小道具隊長になって、数年経ったので、
劇団員の適正は分かってきて、
カメラや動物などの大きい小道具なら亀さん、とか、
被り物は元さん、とか
布ものは私、
耕太郎は作るのはちょっと雑だけど早くてセンスがある、
最近は新人のめいは絵が上手い、とか
それぞれの適正を見極めて仕事を振ってます。
未来がブログであげてましたが、
この小道具が進化したので、
ご報告いたします。




image1.JPG

栄さん製作のゾウトリ。
栄さんは実在しないもの担当です。
よくカムカム出てくるお面など、イメージだけでモデルのない、
架空のものがあったら、
迷わず栄さんにお願いします。
すると、このように想像を超えた造形を提示してくれます。
この小道具のお題は、「得体の知れない鳥」という小道具の発注です。
ここから色が塗られていく訳ですが、
さて、本番、どのシーンでお目見えするでしょうか!
お楽しみに!
何秒かくらいの登場です!
このシーン、カットされませんように!

小道具作りの帰りは何人かでラーメン!


image1.JPG

カロリー摂って明日も頑張ります!

洋子でした!
長谷部洋子「長谷部洋子のちいさな世界」 | 23:46 comments(0) trackbacks(0)
稽古後のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

カムめくり遅くなってしまい、申し訳ございません。

相も変わらず本日も『狼狽』の稽古であります。稽古の模様は、稽古場ブログでチェックしてみてください。
http://ameblo.jp/3297jp/entry-12273824035.html

さて本日は稽古後に、この先輩とお食事。


藤田記子先生。

全く写真を撮ってないので、スマホにあった写真。

今回の『狼狽』でもモチロン藤田さん色全開で、是非とも『狼狽』の藤田さんも楽しみにして頂きたい所なのですが、そんな藤田さん、『狼狽』以外の活動も全開満開。

5/14、お笑いライブに出演する為のネタ作り。

そのポテンシャルたるや!

稽古でも積極的にアイデア出しして、稽古場も盛り上げて、その後、お笑いライブのネタ作りなんて、想像しただけでもゲボが出ます。

でも、そんな藤田さんのネタを見させてもらったり話したりしてると、パワー頂きます。

ザックリであれなんですが、パワー。

ほんとはね、我々後輩がそのぐらいのポテンシャルで、先輩方に影響与えるぐらいの気持ちであれしなきゃいけないのですが、いつも先輩方は更に上を行きます。

このパワーは、やっぱりカムカム以外の所での活動が作用してるんだなと、一緒にご飯食べながら、ネタの話をしながら、ヒシヒシと感じております。

今日もらったパワーを糧にして、明日も『狼狽』したいと思います。

『狼狽』、是非ともお楽しみに。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 00:40 comments(0) trackbacks(0)
二つで
2017「狼狽」表.JPG
『蝶々結び』

突然
一つ
打って、ほぼ死んだ

当然
一つ
切って、完全抹消した

もう一つが、
ピクピク動いてる

あわれに動くもう一つを見て
残酷に生かしてやった

<<あとがき>>

少しづつ明かされる『狼狽』。

ニンジンを目の前に置かれてゴールまで突進する馬みたいに、
毎日狼狽情報に食いつき、
『狼狽』を見られる日を目指して突進してる感じで、過ごしてます。

『北の国から』を参考にしているという吉田さん。
『北の国から』のどの役の、“デフォルメ” と “省略” を表現されるのか?

亀役は誰?
狼の話かと思ってたのに、亀がでてくるとは?

段ボールを身にまとってる元さんは何者
?人間じゃないの?もしかして、元さんが、、、!?

洋子と亀にロープでぶざまに面白く捕らえられてる栄ちゃん。意味深。。

出演者全員が舞台に出て、歌ったり踊ったりする、群像劇って?!
ミュージカルシーンがあるってことなのかしら。
そういえば、カムめくりやTwitterで『ラ・ラ・ランド』見たっていう人がけっこういたのは、『狼狽』の参考にってことかしら?

と、気になることばかり。
そんななかで、先日J-waveラジオで八嶋さんがとても興味深かいことを。

『狼狽』は、
表の世界と、それと全く同じ人がいるもう一つ裏の世界がでてくる。表の世界はちょっとインチキぽい世界で、裏の世界が鍵をにぎってる・・・
と。しかもサスペンスとのこと。

ラジオで八嶋さんも言ってましたが、
カムカムのお芝居には、二つの世界というのはよく出てきます。
生の世界と死の世界とか。
でも、全く同じ人物が存在する表と裏の世界は今までにないし、しかもサスペンスとは。
全く想像してなかった、サスペンス。
『野狂』はホラーで、今回は、サスペンス。


昨日たまたま見たミッキーロークの『エンゼルハート』という映画が、
主人公が実は表と裏の顔があって、というホラーサスペンス映画でしたが、
あんな感じなのかしら?
たぶん全然違うんだろうな。


また、
もともと二つあって均等が取れていたものが、どちらかが片寄ってしまうとおかしくなってしまう。
それが今回の『狼狽』、どちらかがかけるとうろたえる、
ということに繋がる。
今の世の中の風潮も照らしている。
とも言っていました。

こらはすごく面白いと思いました。
二つの世界がどう存在してて、どう均等がとれていて、どう均等が取れなくなるのか。すごく興味深い。
どうサスペンスに繋がるのかは全く想像できませんが。。。

二つの世界の均等、偏り。

ふと、「蝶々結び」が浮かびました。
片方の輪っかが大きくなりすぎると、ほどけてなくなる。
いきすぎると無くなる、のかなと。

『狼狽』待ち遠しい。

レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★
田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 22:45 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/541PAGES | >>