<< カムカムパワー | main | 本番後のアレ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - -
いただいた素敵な言葉たち
『心の出口』

煙草の、葉巻の
輪っかの煙りが
心への軌道をつくる
ギザギザの言葉は軌道を破って
うっ血させて、腫瘍をつくり
絹のようなサラサラの言葉は、
薄青白い乳液の優しさで
人の胸に入って、
ほんわりと温める

たくさん温まった胸は心になる

<<あとがき>>

今年もあと二週間。
毎日流れ続ける時間に、ここまでが今年で、ここから来年でとするのも何となく不思議な気もしますが、
伏し目をつけると気持ちがリセットできるから、年でくくることは必要なのかもしれません。

カムカム勢みんなそれぞれ、舞台に邁進してる様子。

「キラキラしてた」

観劇の感想で頂いて嬉しい一言です。
昔は、「つまり、若い=青いって意味なのかな」と、頑張ってる若手、と言われたみたいで、頑張ってた賞を頂いた感じで、まだまだだなぁと感じていましたが、
今は最高の誉め言葉に感じます。
人生でキラキラ出来る瞬間があるなんて素晴らしい!
それも、舞台の上でキラキラ出来るなんて本望!!!
です。
実際舞台を見れてませんが、、、
Twitterから、みんなキラキラしてる様子が伺えます。


話はかわりますが。。。

今年は、たくさん「おめでとう」を頂いた年になりました。
たぶんこの先もうないくらい、人生で一番「おめでとう」をいただきました。

娘の命の誕生をこんなに喜んでもらって。
カムカムメンバーからのありがたいお祝いの言葉。胸が熱くなりました。

座長からのお祝いの一言。
文章とは違って、連絡事項は端的な松村さんからのお祝いは、
余計なものなしのお祝いの言葉。

おめでとう。めでたい。 

多くをいわない父の一言のようで。
ズシンと響きました。それに絵文字も飾られていて。普段は絶対そんなことしないだろうに、その気遣いに恐縮。
ありがとうございます。。。
と絵つきでお返しするべきか迷いに迷い、「。」を増やしてお返事するのが、精一杯でした。

どんな用件でも、重くならず明るく端的に!
でいつも気遣ったLINEをくれるプリタ先輩からは、
だっこしにいきたーい!住所おしえて〜
と。
このお心遣いたっぷりのお祝いメッセージを受けとっていいのか迷いましたが素直に受けて、素敵なお祝いを頂きました。

後輩のみんなからも、それぞれお祝いのメッセージ。
先輩にお祝いのメッセージなんて色々気を使うだろうに、
それぞれの心のこめかたのお祝いの言葉を送ってくれました。
そして洒落たお祝いをしてくれました。

八嶋先輩からも、妊娠中から安産のお守りを頂いたり、気遣いメッセージを頂いたり大分お世話になりました。
その八嶋先輩に妊娠を報告したとき。
「おめでとう」と一緒に頂いた一言。

レミと一緒に(芝居を)出来なくなるのは寂しいけど

一緒に芝居する仲間(後輩)として見てくれてる、言っていただいたこと、
物凄くうれしかったのです。
命の誕生は、何よりも大切で、優先しなくてはいけないことですが、
惜しんでくれると、やはり嬉しい。
同時に、この先何よりも優先しなくてはいけないことなんだ、と感じました。
その他、大事に過ごすように、など。
母の心遣いメッセージのように、色々気遣って頂きました。


『>』を見にいったとき、やましげ先輩からお祝いをして頂きまして、そのお礼を伝えたら、

御祝いじゃなくて、御礼ね。

と。思わず、「!!!!」でした。

お子を見せてもらって幸せな気持ちになった御礼です。

と。なんて「カッコいい!!」というか思わぬメッセージ。
御礼と言われ、お礼の言葉がでませんでした。衝撃的で感動で。

わたしには出てこない一言。お礼の発想は、わたしには持ち得ていない。器が違うな、心のステージがはるかに上だ、と思いました。
こんな衝撃的なお礼を言われたのは初めてです。

稽古中何回か、用件に加えて「いつもいる人がいなくてさみしい」と気遣いメールをくれた元さん。
感謝です。

たくさんの温かいメッセージは、
私の心を、温め、優しくし、感謝の心をわすれないようにあらためさせて、
愛がつまって少し大きく育たせてくれました。

感謝です。

2017年、心を大きくして頂きました。


レミーマルタン・コニヤックでした。おやすみタバタ★★★
田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 21:24 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 21:24 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3297.jugem.jp/trackback/4180
トラックバック