<< 夏の日のアレ。 | main | ろっくんろーる >>
メトロ

昨日は恭子さんと新宿デートでした。

まずは、世界堂で待ち合わせ。

恭子さん曰く、世界堂は木曜の14:00ごろが一番混むんだそうです。

私の推理としては、美大生や芸術家の締め切りが大体において週末で、

その前日である木曜にこぞって画材を買いに来るんだと思います。

なぜ14:00かというと、芸術家はだいたい昼過ぎに起きるから。

結構あたってるんじゃないでしょうか。

そんな推理をしながら、

いろんな文具やら材料を飽きることなく見て、

次の目的地へ。

花園神社を通り抜け、

新宿ゴールデン街劇場へ。

先月に引き続き、プレミアム劇団員の若松力さんのお芝居を観に。

月船さららさんのユニット、metro「二輪草」

実はずっと気になってた、metro

私が宝塚にはまっていたころのスターさん。

が、演劇ユニットを立ち上げたのが当時は結構衝撃でした。

でも観たことなかったんです。

しかも今回はゴールデン街劇場?

と。

力さんにお誘いいただき、これは観なければ!と、

恭子さんを誘って観に行ってきました。

もちろんいい意味でですが、

息の詰まるようなお芝居でした。

とても面白かった。

江戸川乱歩の「孤島の鬼」という小説のなかのエピソードをひろって

芝居にしたそうなのですが、

いびつな世界とピュアでエロでエゴで、と、

いろいろと詰まったお芝居でじわじわと、時間が経つにつれて

面白かったなぁ、とかみしめています。

「孤島の鬼」のあらすじを読むと、エピソードが。

江戸川乱歩って、ちゃんと読んだことなかったので、

俄然興味がわきました。

まずは「孤島の鬼」から読んでみよう。

「二輪草」は

主人公が閉じ込められた空間で日記を書くところから始まります。

「>(ダイナリィ)」の葛葉と重なる部分が。

吐き出す相手がいなくて日記を書くしかない状況がとても悲しくて

健気で。

そんな発見もあり、とても面白かったお芝居でした。

13日までだそうです。

キャパが50人くらいなので、まだチケットあるか分かりませんが、ぜひ。

おすすめです。

 

洋子でした。

長谷部洋子「長谷部洋子のちいさな世界」 | 23:44 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:44 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3297.jugem.jp/trackback/4048
トラックバック