<< かっちょいい | main | アレから芽が出る。 >>
10年 ただ、ただ、助けられただけ
『半熟』
 
視界の焦点につきささる
皆の歓声が
地響きのように

わたしは、とろけた、のだ

わたしは、
身を爆発させて
平和を祈る

おかどちがいの愛信で

ひややかに、忘れられ


<<あとがき>>

カムカムミニキーナ、劇団員日替わりブログ「カムめくり」11年目突入。

ありがたいことに、開設初っぱなからこれまでずっと担当させてもらってまして、
「カムめくり」は、この10年間で唯一やり続けてることで、
「カムめくり」のおかげで、私には継続してるものがあるわけです。

やり続けてるものがあると
それだけで、人生振り返ったときのあせりが、少しやわらぎます。
それも「カムめくり」のおかげ。

しかし、この10年間、順調に継続したわけではありません。

カムめくりが始まって、3順目くらいに
担当クビを宣告されるのです。
理由は内容がつまらないから。
その時のブログを読んでみましたが、とてもじゃないけど、読み続けられないくらい、確かにヒドイもの。

なんとか、即クビから一ヶ月の猶予をもらって、査定期間として
引き続きつまらなかったら、クビ、ということに。

この一ヶ月の猶予期間、
色々な人の助けをかりました。

哀れに思ったその当時の制作さんが
文章の添削、などなど、担当存続に全面協力。

先輩方に、面白いブログの書き方のアドバンスを受ける。
その状況をカムめくりにてレポ。

八嶋さん、プリさん、しげさん、清水宏さん、
今考えたら、忙しいなか勝手な状況によく付き合ってくださったと申し訳なく、
感謝しております。

そこで、生まれたのが、
八嶋さ、アドバイスの「ポエム」と、
清水宏さんアドバイスの しめの挨拶。

これにより、私のクビがつながったというわけです。

それから10年間こうして続けられているのも
八嶋さん、清水さんはじめ、当時助けてくれた制作さん、先輩方の助けがあってのこと。

毎週心してめくっていかなければ、バチ当たり。

10年間目新年3日目、深夜1時。

レミー丸タン
カムめくり
そろそろ後輩にバトンタッチしたら?

と、ある人から突然のアドバイス。


何?何?
あけましてとばして、何?
アドバイス?通告?


よく、わかってます。
私を色々心配してくれてのアドバイス。
深くならずに、あえて、軽くいってくれたのも、わかってます。

が、軽すぎる!アドバイスするには時間が遅すぎる!

今日めくって、改めて思いました。
助けてくれた方々を裏切れません。

レミーマルタン、
11年目、めくらせていただきます。


レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★













田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 00:26 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 00:26 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3297.jugem.jp/trackback/3905
トラックバック