<< 11年目のアレ。 | main | とれーす >>
中国の不思議な役人
一昨日、終幕いたしました。


image1.JPG

一昨日のことなのに、
随分と記憶が幻のようです。
終わるのが嫌でまだまだやっていたかった。。。

改めて振り返ると、凄い現場でした。
若松武史さんが同じ稽古場にいるってだけで本当に緊張しました。
狭い稽古場だったので、
私のシーンとか見られてると思うと。。。と初めはどうしようかと思いましたが、
ご本人はとってもチャーミングで気さくなお方で、
最終的には小道具の仕込みまで、
ご自身でやってくださるという、
なんとも器の大きなお方でした。







image1.JPG

小道具の鏡に金粉を詰めてくださっているところ。
「色々とね、細かい調整があるんだよ〜」と、
毎ステージ仕込んでくださいました。
ありがとうございます!

そして石井愃一さん!
他の本番も抱えてらしたので、合流は遅かったのですが、
台詞は完璧、芝居も完璧!本当に凄い方です。
太陽のように現れて、
現場がパァっと明るくなりました!
台詞の一言一言に意味があるんだ、
小道具の一つ一つに意味がある、
正解はわからないけど、自分で考えて、
全てにおいて意味を見出すんだ、と、
たくさん教えて頂きました。

みんなで一丸となって稽古、作業、
まだまだ語りつくせないこと、
たくさん体験しました。
自分の財産となるような舞台「中国の不思議な役人」でした。

ご来場頂いたみなさま、ありがとうございました。



image1.JPG

稽古場ではたくさんのダンボールを切り抜き、
舞台上ではたくさんの影を切り抜きました!
とても愛おしい役に出会えました。

さて、次は切り替えてカムカムです!
同じ劇場で、今度はどんな風景に出会えるのか楽しみです。

洋子でした!
長谷部洋子「長谷部洋子のちいさな世界」 | 23:28 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:28 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3297.jugem.jp/trackback/3900
トラックバック