<< 不思議な | main | 11年目のアレ。 >>
Do It Again って!?
『48歳』

そげて
むげて
けげて
むだげて
ついて

ほっと雲をみあげると
月の光にうつる
自分の足跡

枕木の幅は
またたくままに広く、

狭く、狭く、
憤る


<<あとがき>>

KIMG0291.JPG
いよいよ今週末に迫りました、吉田先輩の企画イベント

『Do It Again 〜もう一度、やらせてくださいm(__)m〜』

大好評に終わった昨年の吉田誕生日イベントより勢いに乗って、
もう一度、やらせてください!!
ということで、

No.1
パントマイムに、映像に、演劇に、色んな材料を使って、ミッションをこなす
プロジェクトY

No.2
吉田っち先輩が、ちょっとマジではまっている落語。に、飛び出す絵本ならぬ
飛び出す演劇を加えた
飛び出す落語。

この2つが、今回のメニュー。


カムめくりにて、長期にわたって、今回のイベントへの意気込み、苦悩、本気度などを、吉田っち先輩らしい感じで綴られておらりますが、
じゃぁ、どのくらい本気なの!!
吉田っち先輩のマジさを探るべく、稽古場へ潜入してまいりました!!!
いざ、落語の稽古場へ!!!


阿佐ヶ谷の某公民館和室。
外からも聞こえる吉田先輩の声。馴染みの吉田先輩の演劇の時の声。
先輩、やってる!やってる!
少し外で稽古様子を聞く。
この声、この声。しぼった感じの先輩の声。舞台では、苦しくないのかな、のどつよいなぁと思った先輩の声だが、
落語の口調によく似合う!
そう言えば、『水戸黄門』の時や、時代ものの芝居のときも、先輩の声はとてもマッチしてた。
さすが、はまってるだけある。声だけで聞くと落語家さんのお稽古とも思えるかも。

部屋の中へ。
先輩一人落語かと思ったら、
噺す先輩のまわりには三人の演者。
NHKでやっている落語番組に似たあれか
と、“飛び出す”ネタが分かりちょっはぴりなんだぁ的な気分に。
ところが、わたしは、甘かった!!!

落語と芝居のコラボ

そんな単純な “飛び出し” じゃなかったーっ!!!
大きくいったら、落語と芝居のコラボ。だけど、芝居が、3人が、間違いないなく “飛び出し” てきた!!
これには、“あっ” とちょっと笑いました(^O^)

KIMG0290.JPG
“飛び出す” 3人の中には、我らが哀愁の達人元尾先輩の姿も。
相変わらずのボケっぷりで、吉田先輩に落語中に突っ込まれるという光景も。
しかし、この元尾先輩。最近は、ピーチーズのライブをはじめ、色々な劇団に客演されていて、つい最近のタテヨコ企画ではキスシーンも経験済み。
そういった武者修行の成果が現れているのか、
元尾先輩のお芝居が変わったような気がした。
元さんという個性より前に、役が見えた。

最近自身のブログ“モティ・ラヴィング”でちょっと陰なことを綴られいたが、
大丈夫です!元さんは、階段を確実に登ってます。
元さんのお陰で、のびしろは努力で伸びることを知りました!

KIMG0292.JPG
元さん以外に、サムタイム谷さん、しなちく佐藤さんという、ピーチーズのタップの出演でお見かけしたことのある方々もご出演。
このお二人が、お芝居が上手なのに、驚いた。

“飛び出す”のは、個性満載の3人以外にも。
世界的に有名なファーストフード店の、私達もよく使うあの道具が、これは文字通り、飛び出してくる。しかも大きく!!
マジック!


演目は『禁酒番屋』。吉田先輩がほんの少しアレンジもしている。
これを、四人で演じる、“飛び出す” 落語。

色んな要素があるがメインは、やはり吉田先輩の落語。
メインがしっかりしていないと、みんなも光らない。

吉田先輩の落語は、真面目だった。もちろんいい意味で。
本気だった。自信にみちていたし、好きなのがよくわる。

吉田先輩が本気でやりたいこと

なんだと言うが、よーく伝わってきた。
色々な面白いトピックスはあるものの、
この落語に関しては、吉田先輩の本気をみせるコーナーだと、私は感じた。

是非、この本気度を感じに行って欲しい。

プロジェクトYは、吉田先輩らしいオチが満載の予感♪


23月25日(土)、26日(日)
open:19:00
start:19:30
@ライブガレージ秋田犬
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=caef4c1210

日曜がおすすめとのこと。


以上、吉田企画イベント、潜入報告でした!

レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★



田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 17:35 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 17:35 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3297.jugem.jp/trackback/3898
トラックバック