<< 二律背反 | main | こんなことやります!! >>
あだ名不可思議
おつかれさまです。

新しく会った人たちと新しい作品を作るときにこそ、
いつもカムカムの先輩たちに言われたことや姿を思い出す。
のは、なんでだろうか…?

ども、やすこです。

そんなこんなで、稽古しています。
3月24〜28日が本番ですんで、
いよいよ固定稽古場にうつって
稽古も本格化。

自分の台本のメモ書きがなぐり書きで読解できず、なんとなくプチ混乱が起きたりする時期になりました。

みなさん、真面目な方たちばかりの座組みで、若いひとが多いのにすごいなぁと見習わなければ…!と思っております。

全然関係ないことですが、
今参加している座組みには、
やすこの他に、やすはちゃん、やすひでくんがいて、「やす」ってカシラにつくひとがキャストだけで11人中3人もいます。
驚きの確率です。

やすがカシラにつくひと、そんなに今までお会いしたことなかったので……。


なので、あだ名の取り合いです。


わたしはもともと「やっちゃん」と小さい頃から呼ばれていましたが、
今回の座組みではやすはちゃんがいつのまにやら「やっちゃん」担当。
「やす」は、やすひでくんが担当。

なのでわたしは、回り回って、
「たばち」というあだ名で呼ばれています。
「やす」の流れから早々に離脱です…!

「たばち」は、もともとお兄ちゃんのあだ名で、お兄ちゃんの代は苗字に「ち」をつけるのが凄く流行っていて、みんな「〜ち」というあだ名でした。

しかし不思議なもんで、やっちゃんややすこというあだ名時代より、「たばち」のほうがみんなよく名前を呼んでくれます。

お兄ちゃんのあだ名パワー、すごいな…。


もっともっとおもしろくするぞ。
稽古、がんばります!!


では!
田原靖子「やすこのノットすこやかダイアリー」 | 23:46 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:46 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3297.jugem.jp/trackback/3888
トラックバック