<< サラバ2月 | main | アレの機種変。 >>
ついに、解禁!!ぞくぞく、解禁!!
1488295822967.jpg
『ほら、こんな日だよ、思い的中』

うばいあう
気ままな宝物
大きな重荷に
カテーテルを通して
心ある血を流したい

梅干しの種は
しっかり気をはらなかきゃ
ダメな自護児心

<<あとがき>>

『狼狽〜不透明な群像劇〜』

ついに、ビジュアルが解禁しました!

かっこいいなぁ。
副題どおり、一人一人になんかストーリーがありそうな、背負ってそうな雰囲気がします。

それに、みんなスラーッとスマート。

ん?ん?長い・・・?足が、、、手も、、、
うわっ、不気味。。。

ぱっと見かっこよくて、良く見ると不気味。
とても興味ひかれます。どんなストーリーなの!?

http://www.3297.jp/roubai/ストーリー/

「謎を追う記者がメモを残し姿をけす」!?

主役が姿をけしちゃうの!?
狼に助けられた皇子。
ゴーストライターって!?
後ろめたそうな村人!?
みんな、犬をかってる!?てことは、だれかは犬役なの!?もしかして、みんな犬なの!?それとも、大量の小道具!?
四六時中遠吠え!?色んな犬声練習したほうがいいのか!?


不気味。ミステリーです。全てがミステリー。

ストーリーを想像したり、役割りを妄想したり。
とにかく、とっても気になります!

出し惜しみしない、カムカムミニキーナ。
これからどんどん解禁されるでしょう。
是非、注目を!


さて、
ちょっと前の座長のTwitterで、
古事語り部座のお稽古で、
『狼狽』にちなんで「ろう梅」を机に飾ってくれた、というのを見まして、
素晴らしい、粋だなぁと感動したした。

そうか「ろう梅」という素敵な言葉があった。

『狼狽』の足掛かりをつかもうと、ちなんだ言葉を思い浮かべても、

老婆、バイバイ、蝋、コッペパン(購買から)、箱根の急な坂(勾配から)、
と、考えほと、どんどん『狼狽』から遠ざかるばかり。
そこへきた、「ろう梅」。
こんな素敵な言葉があったんだった。

もっと、ひろ〜く考えないとダメですね。


さてさて、
本日より撒かれております『狼狽』チラシ。
ファースト折り込みは、
タテヨコ公演『ムラムラギッチョンチョン』
丸坊主がいたについた、ノリにノッてる元さんの客演公演。

是非、『狼狽』チラシと一緒に目撃してくださいっ!




ちなみに、「ろう梅」花言葉は、
ゆかしさ、慈しみ、先導、先見
だそうです。


レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★
田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 23:39 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:39 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3297.jugem.jp/trackback/3877
トラックバック