<< チラシ撮影!そして、 | main | おみくじのアレ。 >>
『狼狽』が、気ニナル!!
『オオカミ』

真っ赤なドレンチェリー!
こちらに向けられる優しい灯り?
真夜中の暗闇に輝く小さな夢?
そんなやさしいおとぎ話は誘い水

上に下に、ノコギリにのびる
牙ったツララ
ダイヤの透明度はゼロ
野球選手のセラミックの歯色
が、待ち構える

唾液垂れぬ乾いた空洞で
何度も何度も、刺され抜かれ、

しっぽの毛に消えてゆく


<<あとがき>>

『狼狽〜不透明な群像劇〜』
公演情報、キャストが公開されました!
そして、昨日は『狼狽』チラシ&パンフ写真撮影。

今回お休みのわたしには、その動向が“非常に”気ニナル、気ニナル!
盛り上がってる皆の様子をみると、やっぱり羨ましい、ちょっとさみしい〜
わたしも皆と同じように盛り上がって、ロウバッちゃおうと思います!

『狼狽』チラシ&パンフ写真撮影。
前日まで、スケジュールやら撮影衣装やら、伝達でカムカム全体ラインはにぎわっておりました!

「キャリアウーマン風のシャツをもってる方、持ってきてください(プリタさん)」

その前に、洋子から、撮影で厚化粧するので、多色パレットを貸して欲しいと頼まれていたりで、

キャリアウーマンのプリさん!?

厚化粧の洋子!?

いったいどんな感じのチラシになるのー?!
興味はつのるばかり。

そして、
「撮影用にこんな感じの服を探しています」
と送られてきた写真が!!

“織田裕二”がさわやかな好青年で写っている写真と、女性誌のOggiに出てくるよ女性の写真たち。

えっ!えっ!
いままでのカムカムの感じからは、全く想像出来ない、、、

天狗とか、普通でバーのママさん風とか、だった私の時からは全く違って、なんかとてまおしゃれです。


その後、撮影前日の全体ラインで(省略文で)、

ワッカピアス、ワッカイヤリングあるかた持って来て(プリタ)

すみません、持っていないので、女子お願い(栄治郎)

持ってるものをあとで写メします(未来)

ありがとう。それらしいアクセがあったらお願い。(プリタ)

カチューシャがあったので持っていきます。(栄治郎)

カチューシャは、いりません。(プリタ)


と、ややこしい栄治郎のラインで、当事者じゃない私がイライラしながら、
ワッカピアスと、ワッカイヤリングというキーワードを得ました。

プリさんのキャリアウーマン&ワッカピアス&ワッカイヤリング、洋子の厚化粧、織田裕二、Oggi、、、

これが、『〜不透明な群像劇〜』というところなんでしょうか。

とにかく、出来上がりが非常に楽しみです。
そして、どんなお芝居になるのか
一番楽しみ!!

気ニナリマス!!!

そして、撮影当日、亀ちゃんから貴重な情報を頂きました。
撮影時、とてももりあがったトピック♪





1484700833919.jpg

1484700838027.jpg
渡邉礼の写真です。
ハンチングから出ている横の髪の毛が
耳当てにみえる!?
とかで、撮影スタジオが話題になっていたそうです。

なるほど。。。実際、スタジオにいないと、この話題性を実感するのは、
難しいですね、、、、



さて、
長くなりますが、もう1つだけ。


狼狽(ロウバイ)

うろたえるという言葉ですが、
なんで、うろたえるという言葉に、狼(オオカミ)という強い動物の漢字が使われるのか。
皆さんもう知ってるかもしれませんが、、、
wikiで調べてみました。

狼は、前足が長くて、後足が短い動物。
狽は、逆に、前足が短かくて、後足が長い動物。
狽は、狼にまたがって、お互い支え合って生活しており、
どちらも、どちらがいなくては歩くことが出来ず、倒れて、動けない。
ということから、あわてふためくことを狼狽といったそうです。

では、なぜ、「狼(オオカミ)」なのか。

狼は、雄の動物。狽は、雌の動物。
で、両者ともオオカミに似た伝説上の動物のことらしく、
現代のオオカミとは別物で、

お互いがバランスを取り合って生活をしている意味の話にでてくる、動物。

のことらしいです。

これも、諸説あって、
狼がみだれる、狽がよろける、を意味するとか、
狼狽は、擬態語
などの説があるそうです。

調べてみると面白い。


表題と副題の関係
狼狽 と 不透明なな群像劇 
のつながりも不思議すぎ。
とにかく、気ニナルことがいっぱいです。

これからどんどん解禁されていくのかしらん〜?
楽しみ♪

レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★
田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 14:07 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 14:07 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3297.jugem.jp/trackback/3832
トラックバック