<< 大雪です | main | チラシ撮影!そして、 >>
タカノさんへ愛をこめて

昨夜はカムカムの新年会でございました。大好きなスタッフさんと劇団員だけの新年会。
久々に会う顔も多くて、何だか親戚が久々に揃って、皆の無事を喜びあう・・・非常に楽しい新年会となりました。
ただ、2次会からの記憶が・・・いつものことですがね〜。
記憶がなければ、それはそれで良いのですが、最近はスマホで簡単に動画を撮れるようで、出席していた劇団員が、昨夜の私のグダグダ動画を送ってくれました。


うん、お酒って怖い。動画って怖い。今年は飲み過ぎに注意します。マジで!


さて、それ以外にもショッキングなことが先週ありました。
「タカノ」という大好きな近所の定食屋さんが昨年末を以て閉店していました。
「建てなおしの為閉店・・・」という貼り紙が出てました。再びの開店予定についてのアナウンスはありませんでした。


寂しい・・・・・・・


劇団の倉庫から近いタカノは劇団員の中にもファンが多かった。
劇団の公演日程が全て終了した後、私の一人打ち上げも、結構やりました。


かつてカムカム劇団員だったピーチーズ本間は学生時代(二十数年前)、偶然近所に住んでいて、その頃、毎日のようにタカノに通ってたそうです。
ここ数年、本間と一緒に短編芝居を一緒にやるようになり、近所の公民館で稽古をした帰りに時々、タカノへ寄りました。そんな本間の一言が蘇ります。


「あの頃から値段が全く変わってないんですよ」


超大盛の定食は大体ほぼ500円、ラーメンは300円、ビール大瓶400円・・・・
物価の変動、消費税の導入そして値上げ・・・そんな世間の流れに全く微動だにしないタカノの値段表。
壁に貼られたメニューは黄ばんでいるというより、神々しい金色に見えるくらい。歴史ある巻物がありがたく貼られている風格でした。

後輩達とビールで乾杯して、から揚げや五目焼きそばをつまみに、芝居や劇団の話をアレコレ・・・・
近所の独り者の空腹を満たしてくれる小さな定食屋さんは、夕食時は直ぐに満席です。
だから飲んでても、そんなに長居は出来ません。
タカノで下地を作って、少し歩いて「いも屋」という安居酒屋で二次会、これが僕にとっての幸せなフルコースでした。


タカノ夫妻、もしも定食屋を再開するときは、必ず食べに行きます。
出来たら、近所での再開を希望します・・・でも、遠くでも絶対に行きます。ただ、可能であれば、なるべく近所でお願いします。
そして、いつまでも元気に、皆の空腹を満たして下さい!!! 


吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 20:46 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 20:46 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3297.jugem.jp/trackback/3830
トラックバック