<< 最近の私を◯数字で | main | ジャンゴ〜ジャンゴージャンゴージャ〜ンゴー♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - -
今週は・・

あれ?という感じでもう金曜日も終わろうとしてます。
この一週間いったい何してたんだ、とスケジュール帳を確認しないと何も思い出せないのはなんでだよ私め!
と、めくってみたら、ま、芝居観たり映画観たり、あと自分の宣材写真を自分で確認出来ないという劇団員Aの宣材写真選びに付き合ったりしてました。
まー、Aが「これはイイ」「これは要らない」と延々と選んでいくのを横で見てたけど、
ほんのちょっとの顔の角度の違いとか口角の上がり方の違いで、「こいつは○○しそうだ」とか「この人なら○○が出来そう」とか、、、
パソコン操作をする亀と話してて、、、

全部おめえだよっ!
顔の角度の違いで出来ること増えたり減ったりするって!

と笑いそうでしたが、
というか笑ってましたが、
でも、実際そんなこと考えて選びますね。
あ、この顔イイおばちゃん役やりそう、とか。
実際におばちゃん役きたらきたでヘタクソだから慌ててしまうとしても、です。

それにしても写真を選ぶ時のAのポジティブさ、なんなんだろう。
羨ましい。

と、またつい羨望を感じてしまったけど、ほんといい加減あいつを羨むのはやめたい。

外は美しいんです。
今日、遠回りして近所の桜の名所を通ったら、桜の美しさもだけど、
花見をする人達のなんともいえない美しさ。
花見の場でいつも思う。

清水へ祇園をよぎる桜月夜 こよひ逢う人みなうつくしき
与謝野晶子です。

与謝野晶子の思いや解釈とは全然違うけど、花見を楽しむ歩く人達、お弁当を広げる人達、子供を遊ばせるお母さん達、お年寄りの夫婦、若いカップル、一人で写真を撮る人、、、
ただ桜を見に桜の下に集まる人達の風情というのか、人々が美しい。なんとも言えません。
「こよい逢う人みなうつくしき」と思わずにいられない。


また行こう。
もう何日かで、桜舞い散る、になりますからね。
では。




佐藤恭子 | 23:48 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:48 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック