<< 外を体験しようと思い過ぎて | main | もうすぐ春ですねえ♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - -
20年のごブサタです

最近、自分の出身高校を思い出す、というか思い出さざるを得ないことがありまして、
あることを確認するために、出身高校のホームページを見たんです。

私の在籍した頃はおそらく、絶対なかったであろう、学校のホームページ。
都立高校なので、伝統とか格式のあるような私立校と違って、今現在だってホームページがあるのが意外なくらいなもんです。

で、のぞいてみたら、なんと!制服が変わってた。
ああ、そうか、私が卒業してちょうど20年なんだ、って思いました。
あんなにも目立ってダサかった制服が、かわいく、街にとけ込む今時のものに変わってた。
全とっかえ。
どうして私達はあんなにもダサいテカテカした水色と銀色を混ぜたような色のネクタイをしてなきゃいけなかったんだろ。
時間が解決することがある、というけど、こういうことなんだろうか。
ま、ネクタイ締められるようになったから、いいのか。
でもネクタイ締めることって、ないけどな。

いや。
小公演の衣裳で、ネクタイを早替え仕様に作った時に、役立ったか。

そうだ。

ネクタイするには襟が肝心てことも知ってるし、三つ揃えの着方も知ってる。

役立ってるな。

そう考えると、よかったな。20年前の私は授業の9割方がつまんなくて赤点で、だから未来への期待しかなかったけど、
その未来にいる私の今は9割方好きなことに浸かった生活してるのだから。
赤点はとりまくりだけど。

なんて、言い方だけの文章だ!また!

というわけで、ご無沙汰な今週なんです。




佐藤恭子 | 23:19 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:19 - -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック