修業中
皆さんこんばんは!
本日のカムめくり担当大倉杏菜です。
9月も終わりに近付いて来ていますね。
私事ですが9月頭よりニューヨークに
滞在しております。
もちろんダイナリィ稽古も始まるので
もうすぐ帰りますが日々の
レッスンを主に、
新しい事に挑戦してみたり
大好きな友達と会ったり充実した
毎日を送らせていただいております。
みてみると、日本と気温は同じ程。
ちなみに、ひとつ自慢すると
こちらはまだ来て以来
雨にうたれていません!ラッキー
ただ、北朝鮮のミサイル問題は
こちらのニュースでも大きく
取り上げられているので心配です。
トランプ大統領も今ニューヨーク。
フランス人の友達に、
「日本は第二次世界大戦以来
戦争が一度もない。誇りに思って」と
言われます。こっちに来てから
改めて気づく点は沢山あります。

話が飛び飛びになりすぎて
整理できなくなってきました、、
話題を変えます。

合間を縫って舞台も何本か観ました。

同じ日が来る何度も繰り返されるという
男性の恋愛や人生を描いたミュージカル
『Groundhog day』

ダンス好き必見、JazzやDanceが溢れる
スウィングバンドの物語
『BANDSTAND』

おなじみ『CHICAGO』

私が特に気に入っている作品は
『Come from away』
今年の冬に訪れた際に一度観たのですが
どうしても忘れられず
朝早くから並んで、もう一度。
こちらはカナダのトロントより始まった
ミュージカルです。あらすじは引用↓

「9/11のテロの直後、ニューヨークの3つの空港に着陸予定だった38の飛行機と乗客乗員6579名は、急遽カナダのニューファンドランド島にある小さな街ガンダーの空港に緊急着陸することになった。
かつては大西洋を飛ぶ航空機の中継用空港として栄えていたガンダー国際空港もすっかり寂れ、人口も1万人に満たない。そこに次々と飛行機が着陸し、街の人口が一気に6割以上も増える。空域が開放され、飛行機の運行開始までの3日間、ガンダーの街の人々とそこに滞在することになった様々な国から来た様々な人々との交流と友情を描いた実話に基づく作品。」

最初は小さな劇場から始まり、予算の
関係もあり、キャストは12人のみ。
群像劇であるこの作品は
その12人が、ただ上着を脱いだり
帽子を被ったりするだけで
100を越える役を演じているんです。
舞台装置は至って簡単なもので
主に使われる12脚のイス。
オープニングでは、それらがカフェになり
時にはそれが飛行機やバスに見立てられたり
かと思えば山になったり。
ちなみにbroadwayの舞台には珍しく
95分ほどの長さで休憩なし。
とにかくテンポがすごいんです。
噂が噂を呼び、カナダに始まった
この作品がブロードウェイに。
今年のTONY賞にもノミネート
されていました。
9/11に余り馴染みのない私ですら
胸に突き刺さりまくるんです。
後半の歌で『Me and the sky』
という曲があります。
パイロットに憧れてた少女が
女性初のパイロットに。
空との壁がなくなったという彼女。
Suddenly there's nothing in between
me and the sky
から、9/11のあのテロをうけ、
Suddenly there's something in between
me and the sky
に変わってしまうのです。
somethingなんです、、
ちょっと感想なんて書き始めたらもう
朝になりそうです。といっても
時差で今こちらは朝なんですが。。。

他にもChita rivera awardsという
とんでもないものを観に行く機会が
ありました。

1日1日生きてる幸せと
日々レッスンを受けられる幸せを
噛み締めながら残り過ごしていきます。
 
image2.JPG
さて、本日より
ダイナリィの一般発売が
開始となりました!!
あのダイナリィが戻ってきます。
いや、戻ってくるというか
キャストシャッフルがなされ
さらにパワーアップして!!
是非ともお見逃しなく!

それでは皆さん温かくして
寝てくださいませ!
読んでいただき
ありがとうございました!
大倉杏菜でした!おやすみなさい。


大倉杏菜
「カム ♪ ロテ」 | 23:10 comments(0) trackbacks(0)
泣いちゃう
銀杏の時期ですね。
食べ過ぎると死に至ることもあるそうなので、
みなさまお気をつけて。

さて、good morning N°5「豪雪」です。
手伝いには何度か行かせてもらいましたが、
先日本番をやっと観ました。
まさに豪雪、すごい勢い!
ただただ楽しい、面白い!のですが、
気づいたらなぜか胸はジーンと、
あるシーンでは何故かホロリと泣いちゃいました。
後半、舞台上で奮闘するプリさんを遠くの袖から、
役としてか、演出家としてか、友人としてか、
レオさんがプリさんを見つめていました。
その姿にハッと気づいたら、
10周年どころか、もっと長いプリさんとレオさんの歴史みないなのを感じちゃいまして、
グッと来ちゃいました。
ああ、良かったなぁ。
同じ日に元さんも観に来てて、
元さんは終演後にしとしとと泣いてました。

明日も、泣いちゃうかもしれません。
明日は、大阪に「ちゃもり」を観にいきます!
奈良の市民劇団、古事語り部座が、
なんと大阪へ進出!!
語り部座が結成した当時に、
レミさんとずっと奈良でお手伝いしてました。
一度限りのプロジェクトかと思いきや、
もう何年も続き、
どんどんとプロのようになる語り部座の皆様。
もうカムカムとやってることは変わらないとか。
実は客席から観るのは初めてです。
皆さまの活躍、今からとても楽しみすぎます!
カムカムメンバー何名かで行きます!
明後日はいっぱいみたいですが、
明日はまだお席あるようですよ!
是非一緒に「ちゃもり」観ましょう!




さ、明日といえば!
ツイッターやいろんなところで宣伝してますが、
明日から「>(ダイナリィ)」一般発売開始です!
土日や、スペシャル割など売れやすいかと思いますので、
是非是非お早めにお買い求めくださいませー!
もうすぐ顔合わせ!
小道具リストのまとめも終盤に差し掛かっております!
どんどんと稽古が近づいております。
楽しみなのと怖いのと色々な心持ち。
とにかくこちらは泣かずに頑張ります!

あと一つ宣伝を。
吉田さんと、ダイナリィのゲストである本間さんのラジオ、
プチFM897すみだリヴァー
「月明かりのWindow」
にお呼ばれしましたー。
ダイナリィのことや小道具のことなど話すんじゃないでしょうか。
トーク苦手ですが吉田さんと本間さんに乗っかっておしゃべりしてきますー。

洋子でした!
長谷部洋子「長谷部洋子のちいさな世界」 | 23:55 comments(0) trackbacks(0)
9月23日のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

いやあ、いよいよ今週末ですね。

9月23日(土)。

そう、秋分の日じゃいやいや、違う違う。
いやまあ正確には違くないんですが、いやね、別に秋分の日が待ち遠しい訳ではなくて、今週末ですね、9月23日(土)の10時から、いよいよカムカムミニキーナ『>(ダイナリィ)』の一般発売が始まるんです。


「なーんだ。そんな事か。」

そう思った方もいらっしゃると思います。
確かに、よくよく考えたらそんな2日前から、"いよいよ"等と煽る程の出来事ではないのかもしれません。

でも伝えたい。

9月23日(土)の10時から、カムカムミニキーナ『>(ダイナリィ)』のチケット一般発売が始まります。

今回の一般発売では、前回好評だったU-25割をはじめ、通常価格より1,000円安い、日にち限定のスペシャル割。

「え、U-25割って何?」

25歳以下のお客様は通常価格の1,500円引き、3,500円でチケットをお買い求めになれるシステムでございます。

「え、なに、普通は割引とか言っても、300円とか500円とかの所が多いけど、え、1,000円も割引して大丈夫なの?」

大丈夫じゃないけど、いいんです。
少しでも多くの皆様に観て頂く為に、うん、いいんです。

「は、じゃあ通常価格では買えないって事?」

いや何でそう思っちゃうんですか。
いやもちろん通常価格でもお買い求めになれます。

とにかく、あくまで色々な方法を提示しているだけなので、チケットをどういう形でお買い求めになるかはお客様のご自由でございます。

そうこうしているうちに、本日も日を跨いでしまいました。
申し訳ございません。

前回と似たような内容になってしまいましたが、本日、まあ正確には昨日、藤田先輩のグッドモーニングNo.5の『豪雪』を観させて頂き、とても楽しい気持ちになり、皆様と飲ませて頂き、現在に至ります。

何だか、あんなにいっぱいのお客様がいて、あんなに盛り上がってるのを観て、『>(ダイナリィ)』もこーゆー風にしなければと、楽しい気持ちになると同時に、そんな気持ちになりました。

ひとりでも多くの皆様に観て頂きたい。


こちらは前回の『>(ダイナリィ)』の稽古場での写真。

『>(ダイナリィ)』再演、一同でお待ちしておりますので、是非とも劇場にいらして、一緒に盛り上がりましょう。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 01:14 comments(0) trackbacks(0)
油断ならず!!!
『秋味』

夏でつかれた壮年期。
汗を思い出アルバムでクールダウン
涼んだ心は、
秋の風靡に、
サイブレイク

<<あとがき>>     

秋ですね。
もうすぐ『>ダイナリィ』の稽古がはじまります。
秋の公演が多いカムカムですが、
この季節の稽古は体調管理が重要です。

まだ、残暑が残るくらい半袖でも大丈夫な季候に稽古が始まって、千秋楽の打ち上げでは、ダウンジャケットを着ている。

季節またいで演劇したな〜
年末を前にして、妙に充実感を味わえるので、この季節の公演は、演劇やった感があり、好きです。

しかし、気を付けないと風邪をひく季節でもあります。
昼間の暖かさの流れで半袖を着て、稽古で熱く、暑くなるから半袖のままで帰るとやられる、ことがあります。

風邪。
稽古場での禁句。
なぜなら、うつるから。

風邪は、とこでも近寄りたくないものですが、とくに狭い稽古場では最悪事項。マスクだけじゃなくてみんなからなるべく離れて、かたみ狭く居るのがエチケット。


そんな最悪の風邪。
一回だけ本番中になったことがあります。客演先でのことです。
しかも、二日目から。初日乾杯中で異変があって、次の朝から発症。
よく、天才女優のエピソードで、前の日まで高熱だったけど撮影にはケロリ、みたいなのがありますが、
そんな奇跡はおこりませんで、しっかり体調不良になりました。
出番の直前まで横になる状態。
舞台中ではなんとか立ってるけど、
はけると立ってられない。

こういうときは逆に集中する
といいますが、集中してんだかしてないんだか、とにかく視界がせまい。
ので、全く緊張しないし、お客さんがいるけどいないみたいな、稽古場みたいな
感覚があったのだけ、覚えています。

そのときいい芝居をしていたのか?

特別なことは何一つなかったです。

よく、声がかれるといい芝居してたなんて言われることがある
ということを聞きますが、
一生懸命だそうとするから芝居も一生懸命に、とか、
枯れた声が逆によかった、とか
そういう、奇跡的エピソードは、
風邪にはありません。

やはり万全の体調なのが、何よりなのだと思います。

と書いている私は、昨日から何となく
菌が迫ってる感覚があります。

睡眠、栄養、あと気合いですね。

皆さん、季節の変わり目、油断禁物です。


レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            
                                                                                                                                                                                                    
田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 23:15 comments(0) trackbacks(0)
そろそろあの季節

みなさん

こんばんは、みくです。

今日、歩いていたら…
ついに落ちてました、銀杏が。
この季節か〜。秋!
毎年、毎年、『くっさぁ〜!』
と言いながらも、もうひと嗅ぎ。
ついつい嗅いでしまうあいつのにおい。
今日はまだ放ってはいませんでしたが、
今年はいつ、あいつのにおいが
香ってくるのやら。
あいつの強烈な匂いも風物詩。
美味しい銀杏でお酒も飲みたい。
強烈なにおいですら美味しい日本の食。
食欲の秋が待ち遠しいです。

そんな今日は特別暑かったけど、
寒い日も出てきました。
そろそろ、君の今年の役目が
終わる頃かな、扇風機くん。

毎日、毎晩、私の快適な生活や睡眠を
支えてきてくれました。
そんな扇風機くんが近頃、
家の端っこでぽつんとしてる日も
増えてきました。
今年もありがとねえ。。。
こんなブログを書きながら
ぽつんとしてる扇風機くんを
見ていたら、なんだかかわいく
思えてきました。

まだもう少し活躍してくれる日が
あるかもしれないと
未練たらしく側にいてもらってますが、
も少ししたら、綺麗に掃除して
「また、来年。」としばしの
お別れをしないとなと思ってます。

外は寒くなるけれど、
カムカムの秋は熱くなります。
『ダイナリィ』

いよいよ23日から一般発売スタート!

劇団取り扱いのみで

U25割も予約できますよ◎

私も初めてカムカム観たのは

中学生の時でした。

私よりも若い方に沢山見てもらいたいなあ。

 

ぜひ、よろしくお願いします!

みくでした。

未来「未来日記」 | 20:07 comments(0) trackbacks(0)
先輩方

遅くなったカムめくり、大変失礼致しました。
さて、世間は3連休でしたね。あいにく、日本列島を台風が縦断という天気でしたが。


敬老の日


皆様はどう過ごされましたか?これまでは、私もお年寄りを敬い感謝の気持ちを表す日!
なんて思ってましたが、
何だかアッという間に私もお年寄りの仲間入りするんだ・・・ちょっと恐怖を感じたりします。
でもね、私よりも年上の先輩方が色々と挑戦している姿を見ると、何だか勇気が沸きます。


昨年の12月のライブがキッカケで、落語の真似事をやってるのですが、大学時代の演劇サークルの先輩方が
やはり社会人落語をやっていて、その縁で私も今週末に社会人落語会に初めて参加することになりました!!
先日その打ち合わせがあったんですが、私よりも年上の先輩方が社会人として仕事を持ちながら、
「落語」を楽しみ真面目に真剣に取り組んでいる様子が伝わりました。
また、会場となる吉祥寺の居酒屋を経営しているのも演劇サークルの後輩らしい。
何だか、不思議な繋がりがあるなぁ〜と感じました。


さあ、というわけで、ダイナリィの稽古が始まる前に、私も落語を楽しんで演じて来ます!

吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 07:32 comments(0) trackbacks(0)
出会い
おつかれさまです!
靖子です。

台風が来てるとのことですが
みなさま大丈夫でしょうか?
風や雨に冷えやお足元、お気をつけて
お出かけ&おかえりくださいね!

先日、久しぶりに広島でワークショップと、今度出演させて頂くスイッチ総研さんのワークショップがありました。

スイッチ総研さんには初めて参加させて頂くのですが、
【「スイッチ」を押すと「なにか」が起こる3〜30秒の小さな演劇】
という、とっても面白いシステムなのです。

簡単にいうと、お客さまに【スイッチの側に書かれたお願い事】を実行してもらうと、
そのとたんにお客さまは物語の観客、
あるいは主人公!となるような演劇が発動する、、、という感じです。

お客さま完全参加型なので、
スイッチを押してくださったお客さまを不快にさせずの距離感や、設定や、タイミングなどなど、、これがやるのがとっても難しい!!

スイッチを押す瞬間も見てないといけないのですが、スタンバイのカモフラージュもしてないとなので、ハラハラ…!

でも、3〜30秒というとこも、お客さまと一緒にやるところも、全部すごい面白いです。

その日はそれぞれグループになってスイッチ案も考えさせて頂き発表させてもらったのですが、
第一声はどのくらい出すかとか、
30秒しかないからすぐに情報が伝らなきゃとか、お客さまを何の役に設定するのが不快にならずおもしろくなるかとか、
いろんなことがためになって、おもしろいです!
だから、できるようになりたい。
9/30の六本木アートナイトで本番なのですが、しっかり楽しくできるよう、はりきって頑張ります!


また、広島のワークショップでは、
広島在住の役者さんにもたくさんお会いしたのですが、
まあ〜〜みなさまうんまいのです、、!

え、昨日もらった戯曲を今日そんなに面白くやってなさるとは…

と、やべえ!!!
と、思いました。

みなさん、お仕事を普段しつつやってらっしゃるのに、その元気もやる気もすさまじくタフなひとばっかり。見習うことばっかり。

はーーー、頑張ろう。
各地方に素晴らしいひとはたくさんいるなあ。

ダイナリィの稽古も近づき、緊張です。

では、靖子でした!

田原靖子「やすこのノットすこやかダイアリー」 | 21:17 comments(0) trackbacks(0)
| 1/559PAGES | >>