ありがとうございました。

みなさん

こんばんは、みくです。
『狼狽〜不透明な群像劇〜』
たっっくさんのお客様に
見守られて無事に千秋楽を終えました!

本当にありがとうございました。

2017「狼狽」表.JPG

 

今回の公演は私にとって凄く
特別なものになりました。
稽古でも凄く勉強になる事を
松村さんから指導してもらうことが
たくさんあった。

小道具作りも何回もダメをもらうって
経験も案外初めてだったかもしれません。
衣装もなかなか決まらなくて
地方に行く前日までスタッフさんと
新宿を駆け回ったのもいい思い出です。
物販のグッズに関しても
頭から煙が出そうなくらい
悩んだ気がします。ご購入頂いた
みなさん本当にありがとうございました!

今回でカムカムを卒業する

スタッフさんも発表されて

驚きと寂しさもあったり。。。

そしてそして、なにより
お芝居のことではないけれど…
最愛の祖父が天国に行ったことが
大きかった。
稽古期間中も病院にお見舞いに
行かせてもらったり、
たくさんの方のサポートで
本当に悔いの残らない日々が
過ごせました。
2人で話したあったかい時間は
今でも思い出してしまいます。
東京公演初日の朝は告別式でした。
本当に動揺しました。
涙が溢れ出るってこういうことかって
くらい泣きました。
でも、そのぶんおじいちゃんが
見守ってくれてるような気がして
毎公演凄く楽しくできました!!
ありがとうおじいちゃん!
強くて優しいおじいちゃんの孫に
産まれてみくはしあわせです。

そんなおじいちゃんの遺品の中から
素敵なフィルムカメラが出てきました。

なんてかわいいフォルム!!!
これから修理に出してみて使えそうなら
これでたくさん写真を撮りたいです◎

公演を終えて昨日は午前中から
公演で使った衣装や小道具たちを
カムカムの倉庫に戻して、
スタッフさんや劇団員数名で
おいしいインドカレー食べて
帰って寝落ちして起きたら夜でした。

今日もおいしいコーヒー飲みながら

好きな漫画を読み漁って、

これから公演の残ったお仕事を♪

グッズをご予約いただいたお客様へも

後日心を込めて発送いたしますので

今しばらくお待ちくださいね♪

 

では、まだまだ熱の冷めない

思い出の中から写真をアップして

さようならー!

 

p.s

今日は大好きな洋子さんの誕生日!

おめでとうございます。

どんどこ強さと色気が増している

洋子さんはみんなの肝っ玉かーちゃん!

今度一緒に舞台観に行く約束してるのが

楽しみでございます◎

本当におめでとうございますー!!

だいすきっ

未来「未来日記」 | 20:37 comments(0) trackbacks(0)
狼狽、ありがとうございましたm(_ _)m
カムカムミニキーナ公演vol.64「狼狽」、全ステージ終了致しました。
スタッフの皆様、関係者の方々、各地方でお世話になった皆様、お手伝いして下さった皆様、そして劇場に足を運んで下さったお客様、本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
そして素晴らしいゲストの方々、そんでもって劇団員の皆、お疲れ様でした!!
昨夜は派手に打ち上がり、途中、やっぱり寝落ちしてました…

そんな楽しかった打ち上げでしたが、長年関わって下さったスタッフさんの一人が、今回の狼狽でカムカムは最後のお仕事だと聞いたり、別のセクションのスタッフさんも実家のご都合で今回が最後のカムカムという報告を受けたりして…

狼狽しました………悲しい。

カムカムの舞台はキッカケや仕掛けがテンコ盛りなので、スタッフの皆様と役者との連携が非常に大事なんです。だからこそ、長年信頼を寄せているスタッフさんはカムカムの宝です。役者の特徴をキチンと把握した上で、さりげなくフォローして下さってきたスタッフの皆様、

カッコイイんです!

今回で最後の皆様、本当に今までお疲れ様でした。そしてありがとうございましたm(_ _)m

そんな気持ちで一杯です!!

さて、今回は群像劇でした。不透明なね(^_-)ゲストさんの力を借りながらも、この群像劇を創り上げることが出来たことは、劇団としては、チョッピリ自信が持てる気がします。

その一方で、私のお客様の中で、初カムカムの方が数名いらっしゃいました。その中に、「難解で、諦めた。」「暗くなると、落ちちゃった。」という報告もチラホラありました。初カムカムでも満面の笑顔で「分かんなかったけど、凄かった!」という方もいらっしゃいました。
この差は何なのだろう?個人的にはやっぱり、全員に楽しんでもらいたいとの思いがあります。

難解でも観ていて飽きず、睡魔がブッ飛ぶ演劇…

まだまだカムカムには課題が一杯あるんだと思います。

一つの舞台が終わると感じる達成感と反省点…毎回同じ繰り返しのようで、亀の如くゆっくり前進していく。

さあ、次は「ダイナリィ」!!
カムカムでは珍しい再演です。
前回のダイナリィを観た人は絶対来て下さいませm(_ _)m前回からどのように変化しているのか??私もワクワクです(^_-)




吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 21:34 comments(0) trackbacks(0)
狼狽、大千穐楽!
おつかれさまです!
靖子です!

本日、『狼狽〜不透明な群像劇〜』
大千穐楽!!!

ご来場くださったみなさま、応援してくださったみなさま、支えてくださったみなさま、本当に本当にありがとうございました!!


三重、大阪から東京へと旅して来たこの作品もついに大千穐楽です。

舞台構造が変わるにつれ演出も少しずつ変化し、いつも新鮮さを忘れない先輩方の姿勢にいろんなことを勉強させて頂きました!!


たくさんの方に助けて頂き、支えて頂き、本当に本当に感謝です。


ありがとうございます!!!!


ひとまず、みんなで今宵は打ち上がってきます!

では、靖子でした!


image1.jpeg

image1.jpeg

image1.jpeg

image1.jpeg

image1.jpeg

image1.jpeg
田原靖子「やすこのノットすこやかダイアリー」 | 21:08 comments(0) trackbacks(0)
嬉しい悲鳴
こんばんは!
本日のカムめくり担当、そうごです!

カムカムミニキーナ「狼狽」東京公演真っ最中!しかしそれも明日で終わり。
4月中旬からのこれまでの時間、長かったなーとも思うし、短かったなーって感じもあるし変な感じです。まだあと1日あるけど。
これで毎日汗ビッショビショになりながら1時間自転車こいで行かんでよくなると思うとホッとします!
でもおかげで足ムッキムキになりました^_^


それにしても今回の公演は劇団にとって嬉しい悲鳴の連続です!どの回もほぼ満席だし、物販の方も追加発注だし、本当に有難い限りです!!
今回1番人気のトートバッグ、在庫はない?かもしれないんですが、予約注文はできるので、ぜひぜひゲットしてください!!



明日は大千穐楽!
いつも通りの狼狽の世界でお待ちしております!!

「カム ♪ ロテ」 | 22:23 comments(0) trackbacks(0)
後半戦!
image1.JPG

「狼狽」もいよいよ後半戦!
写真は稽古前にやる、レギュラーメニューと呼ばれる、
必ず確認するシーンの一コマ。
プリさんが星のように輝いています。

マチネが終わり、
幕間はそれぞれの過ごし方。


image1.JPG

寝てる。

image1.JPG

寝てる。

image1.JPG

面長がすぎる靖子も寝てる。

後半戦、とにかく休む!
休む!

そして気づいたら動く!

image1.JPG

image1.JPG

そんなこんなで、気づいたらもうあとは3ステ!
明日は12:30と17:00!
マチネの方はまだ少し余裕があるそうです!
「狼狽」見逃すなかれ!
お待ちしてます!

洋子でした!
長谷部洋子「長谷部洋子のちいさな世界」 | 22:41 comments(0) trackbacks(0)
狼狽のアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

本番期間中のカムめくりもこれで最後です。
今日も更新を過ぎてしまってすみませんでした。

今回の劇団公演『狼狽』。

連日盛況でございまして、誠に有難い限りでございます。

そんな盛況の中、ここ最近、極々小さな範囲で、極々少しだけ、ブームになってるものがありまして。

それがこちら。


狼狽スタンプ。

まあスタンプってゆーか、ただ狼狽の舞台写真に文字を書き込んでアレしてるだけなんですが、なんか本番期間中はやっぱり使っちゃいますね。


公開されてる舞台写真がまだそんなになくて、スタンプの数は限られてるので、これは本番期間中飲み会帰りの渡邉礼の写真。

"ありがとうございます"って結構使うので、結局このスタンプ使う頻度が高い。


そして最後は、元尾先輩。

本番が終わる頃には舞台写真ももう少し公開されて、スタンプの数も増えるかもですが、きっと公演が終わったら、うん、使わなくなんだろうな〜。

そんな、狼狽スタンプ。

よかったら皆様もオリジナルのスタンプ作って、使ってやってください。

そんな『狼狽』も、あと残り5公演。

明日も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

それでは、また。
亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 02:07 comments(0) trackbacks(0)
『狼狽』ラストレポ
KIMG0346.JPG
『ブーケ』

日射に消え
さまよう隙に
茎束 目に刺さる
盛り上がる血に
あせるも
心はじょじょに冷却マット
束ねた花花 散らばるように
ときはなたれた 私の目目

めめ達よ
行けるところまで
流しておいで
ブーケが落下する前に
直撃した刺激、
伝染してこい。


<<あとがき>>

『狼狽』大好評のようで、まさに嬉しい悲鳴です。

私自身、
どんなお芝居なのか待ちきれない思いから、やっと観られたときの興奮、ゲネでみたときのいい意味での裏切られた感じ、
そして、やっぱり一番ぐっときた本番。
色々な『狼狽』を体験しました。

その『狼狽』も日曜まで。
私の『狼狽』レポートも実質今日までです。

お芝居は、見た人がそれぞれ自分なりに解釈してくれればいいもので、思いは見た人の勝手
だとは思っても、やはりやってる物を理解したいと思います。
理解できなくても、最低わかりたい、
と、思います。

そう思いながら、これこそ『狼狽』だなと感じました。

元さん演じる亀がゆっくり動いていきます。

真理は動かないが、動く。


自分がこうだ、と信じたものが、
自分の立ち位置次第で、違う位置にある。
結構簡単に動くものなのです。
正解はないのです。

真理

この世で疑いないもののイメージのようで、とても流動的で、都合のいいものだなと。
そういえば、宗教団体の名前がつくぐらいですから。

「本気で信じてみては?」
靖子演じた女座頭市の言葉が響きます。

本気で信じたとき、真理はまた動く。

ちょっとずれているかもしれませんが。
先日、気仙沼の人のドキュメントを見ました。
津波で妻子を失い、脱け殻のように毎日暮らしていたら、夢に奥さんが「しっかりしろ!」と叱咤激励。それを気に、漁業で復興活動を開始、成功しているそう。
その時にふと
「あれだけ憎んだ海に、今助けられている」
と、気付き、ショックだったそうです。

それから海を信じ、彼の真理が今までとかわる。


『狼狽』のお芝居では、今の世の中おリンクした真理でしたが、
信じる、と、真理は、
私たちのすぐとなりにあると感じました。


最終レポ、
結局、強引で、まとまりのないものになってしまったこと、おわびします。


レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★







田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 23:36 comments(0) trackbacks(0)
| 1/546PAGES | >>