チラシ撮影と西部劇
おばんどす。やすこです!

狼狽のチラシ撮影、たくさんの人のご協力とお助けを頂き、無事に終わりました。
本当に、ありがとうございました!!

撮影の際に久しぶりにカムカムメンバーに会って、みんな変わらずでなんか凄い笑ったなぁ。。元気をもらいました!

とてもおもろいチラシになりそうですぞ。
はやく、みなさまのお手元に届くのが楽しみ!!
なにとぞよろしくお願いいたします☆


さて、広島に戻り稽古の日々です。
舞台セットも組んで頂き、とてもありがたい状況で稽古させて頂いております。


今回はなんと生演奏に、ダンスに、ラップに・・・?と、なんか凄い盛りだくさんです。

広島弁で西部劇、かなり攻めてる感じの演出です。

作家のひとたちも、演出も、そんで役者も、おもしろくするためにみんなで闘ってる感がとても強い今回。

頑張ろう、と思います。
出来ないことも多く、たくさんの役者さんが出てるのでこの人のこれは凄いなーなんでこんなに出来るんだろうか、すごいな〜わたしにはあの軽さがないなぁとかなんか色々悶々とする日々ですが、
これも貴重な機会。なので、
目をそらさずにこらしてこらして
頑張りたいと思います。


わたくしは今回、眼帯の娼婦の役です。
眼帯パニックです、がんばります。

では、やすこでした!



田原靖子「やすこのノットすこやかダイアリー」 | 20:22 comments(0) trackbacks(0)
ぶらんにゅー

こんばんは

 

菊川です

 

最近、友達が引っ越しラッシュです

 

近所に住んでて良く合ってた友達が2人くらい引っ越すらしい

 

さびしい

 

なぜ引っ越すのか

 

家賃が安いから、同棲するから

 

う〜ん

 

大人だ

 

引っ越す気なんて毛頭ないでごわす

 

この話にオチもないでごわす

 

あ、野狂のDVDが2月1日より一般発売です

 

よろしくお願いします

 

さて

 

書くことがない

 

狼狽のことも他の人が書いたし

 

あ、そうだ

 

引っ越す友達の手伝いしたんですけど

 

その時に友達が小学生の時の卒業文集が出てきて

 

そこにはボクシングでてっぺんをとるって書いてあって

 

今そいつは役者をしてて

 

よくよく聞いたらボクシングは始めてすぐ辞めたらしくて

 

そんなものが今現在残ってるのがなんか可哀想だなと思いました

 

俺も変なものでてこないようにしよう

 

引っ越しの際には

 

引っ越さないけど

 

- | 23:46 comments(1) trackbacks(0)
オオカミ

image1.JPG

三峯神社の三ツ鳥居

ここは、狛犬ではなく狼が鎮座します。


image1.JPG

骨張って、ムキムキで、かっこいい。
いたるところに狼が鎮座してるのですが、
可愛らしい狼やしなやかな狼など、
いろいろな表情の狼がいました。
あとで調べたら、オオカミは、
大神 とも書くそうです。
動物界で一番徳の高い神様の使いだそうです。
何かに取り憑かれたとかいいますが、
そういった憑き物もオオカミは追い払ってくれるそうです。

なるほど、と思いました。

三峯神社の鳥居をくぐって、しばらく歩いて、
とある場所で、
まじないのようなことをされてる方がいらっしゃいました。
とてつもないパワースポットだったのだと、
今さらになって、ずっしりとした重みを感じています。

亀さんもブログで書いてるように、
行ったメンツでおみくじも引きました。
私はおみくじは、木に結ぶ派です。
持ってると、
おみくじの言葉に引っ張られそうになるので、
良いイメージだけ持って帰る派です。
木に結ぶ派が各々結び、
栄さんも結ぼうとした、
その時!

image1.JPG

 

おみくじ、やぶけました。

 

image1.JPG

 

おみくじ破く人なんて初めて見ました。

 

笑ってます。

そして、写真に緑の不思議な光が。

三峯神社で撮ったどの写真を見ても、

こんなふうに光が映り込んでる写真はありません。

この、おみくじ破きの栄さんの写真だけ。

栄さん、新年から神様に攻撃されたんじゃないでしょうか。

 

何はともあれ、三峯神社に行くと

なにか大きなものに包まれたような、

そんな雄大な場所でした。

皆様もぜひ、関東一のパワースポットと言われる

三峯神社へぜひ。

おみくじを結ぶときはお気をつけて。

 

洋子でした。

 

長谷部洋子「長谷部洋子のちいさな世界」 | 23:22 comments(0) trackbacks(0)
おみくじのアレ。
お疲れ様です。亀岡です。

すみません。すっかりカムめくりのアップを失念しておりました。申し訳ございませんでした。

改めまして、カムめくり木曜日担当、亀岡でございます。

最近、久々に携帯のスケジュール管理アプリを使っておりますが、うん、カムめくりもこれからは入れておかねば。

そんな訳で、遅れてのアップ。

最近は、2月の頭に朗読劇の本番があり、台本と向かい合う毎日です。

そんな中、ふとこの前買い物の時に財布の中にこんなもの。



今年の初詣で行った、三峯神社。
そこで引いたおみくじに入っていた、なんか。

今年は、劇団の6月の本公演が、『狼狽』という事で、狼に因んで、劇団員たち数名で、秩父に車で行って参りました。

そこでおみくじを引いた時に中に入ってた、これ何なんですかね。オマケ的な、ちょっとしたお守りかしら。

まあそれはいいとして、そのおみくじ。
今年は"大吉"でございまして、そのおみくじを、例年通り、近くの木の枝に結ぼうとすると、

「あたし、おみくじは持って帰る派です。」

新人の柳瀬芽美がそう言っておみくじをお財布に。

え、持って帰る派ってあんの?

「いやわかんないですけど、うちではいつもそうしてるんです。」

別に願い事とかではないから、"願いが身を結ぶ"とかではないけど、"神様とのご縁を結ぶ"的な理由や、"悪い運勢を家に持って帰らない"とか、結ぶ理由は色んな理由があるみたい。

でも、ちょっと調べてみたら、普通に結構いるみたい。持って帰る派。

神社でも、持って帰る派を推奨している神社もあるみたい。
ゴミになってしまったり、設置場所を設けてる神社もあるけど、木の枝とかに結ばれると、木の成長を妨げたりするとか、色々とこちらも理由があるみたい。

色々調べてたら、ネットに載っていたら情報で、色んな神社に結んだ方がいいのか否か、問い合わせた人がいるみたいで、その神社の中で、こんな答えが。

「お持ち帰りいただく事をお勧めしております。おみくじをよく読んで、その助言を常に大切にし、結果を戒める事が大事です」

これね、意外と大事だと。

正直もう既に、"大吉"だった事は覚えているけど、内容まではハッキリ覚えてない。
でも確かに、書いてある事覚えていて、常に意識していたら、1年何か変わるかもしれない。

例えば、『恋愛…様々な誘惑に負け、気が散っています。集中せよ。』

これね、1年って長いからどーしても忘れちゃうけど、財布に入ってたら、ふとした時に読み返して、「ああ、今気が散ってるな。集中しよ!」って、なるもん。

だから、まあ別に、携帯にメモればいいじゃんとか、覚えてるから大丈夫とか、ともすれば、占い信じない、もちろんそーゆー人たちもいると思うけど、今年の僕は、持って帰る派。そして、持ち歩く派。

ふとした時に見返して、1年間、助言を大切にして、結果を戒めていきたいと思います。

重ね重ね、アップが遅くなり、申し訳ございませんでした。

それでは、また。

亀岡孝洋「亀岡のアレ。」 | 14:19 comments(0) trackbacks(0)
『狼狽』が、気ニナル!!
『オオカミ』

真っ赤なドレンチェリー!
こちらに向けられる優しい灯り?
真夜中の暗闇に輝く小さな夢?
そんなやさしいおとぎ話は誘い水

上に下に、ノコギリにのびる
牙ったツララ
ダイヤの透明度はゼロ
野球選手のセラミックの歯色
が、待ち構える

唾液垂れぬ乾いた空洞で
何度も何度も、刺され抜かれ、

しっぽの毛に消えてゆく


<<あとがき>>

『狼狽〜不透明な群像劇〜』
公演情報、キャストが公開されました!
そして、昨日は『狼狽』チラシ&パンフ写真撮影。

今回お休みのわたしには、その動向が“非常に”気ニナル、気ニナル!
盛り上がってる皆の様子をみると、やっぱり羨ましい、ちょっとさみしい〜
わたしも皆と同じように盛り上がって、ロウバッちゃおうと思います!

『狼狽』チラシ&パンフ写真撮影。
前日まで、スケジュールやら撮影衣装やら、伝達でカムカム全体ラインはにぎわっておりました!

「キャリアウーマン風のシャツをもってる方、持ってきてください(プリタさん)」

その前に、洋子から、撮影で厚化粧するので、多色パレットを貸して欲しいと頼まれていたりで、

キャリアウーマンのプリさん!?

厚化粧の洋子!?

いったいどんな感じのチラシになるのー?!
興味はつのるばかり。

そして、
「撮影用にこんな感じの服を探しています」
と送られてきた写真が!!

“織田裕二”がさわやかな好青年で写っている写真と、女性誌のOggiに出てくるよ女性の写真たち。

えっ!えっ!
いままでのカムカムの感じからは、全く想像出来ない、、、

天狗とか、普通でバーのママさん風とか、だった私の時からは全く違って、なんかとてまおしゃれです。


その後、撮影前日の全体ラインで(省略文で)、

ワッカピアス、ワッカイヤリングあるかた持って来て(プリタ)

すみません、持っていないので、女子お願い(栄治郎)

持ってるものをあとで写メします(未来)

ありがとう。それらしいアクセがあったらお願い。(プリタ)

カチューシャがあったので持っていきます。(栄治郎)

カチューシャは、いりません。(プリタ)


と、ややこしい栄治郎のラインで、当事者じゃない私がイライラしながら、
ワッカピアスと、ワッカイヤリングというキーワードを得ました。

プリさんのキャリアウーマン&ワッカピアス&ワッカイヤリング、洋子の厚化粧、織田裕二、Oggi、、、

これが、『〜不透明な群像劇〜』というところなんでしょうか。

とにかく、出来上がりが非常に楽しみです。
そして、どんなお芝居になるのか
一番楽しみ!!

気ニナリマス!!!

そして、撮影当日、亀ちゃんから貴重な情報を頂きました。
撮影時、とてももりあがったトピック♪





1484700833919.jpg

1484700838027.jpg
渡邉礼の写真です。
ハンチングから出ている横の髪の毛が
耳当てにみえる!?
とかで、撮影スタジオが話題になっていたそうです。

なるほど。。。実際、スタジオにいないと、この話題性を実感するのは、
難しいですね、、、、



さて、
長くなりますが、もう1つだけ。


狼狽(ロウバイ)

うろたえるという言葉ですが、
なんで、うろたえるという言葉に、狼(オオカミ)という強い動物の漢字が使われるのか。
皆さんもう知ってるかもしれませんが、、、
wikiで調べてみました。

狼は、前足が長くて、後足が短い動物。
狽は、逆に、前足が短かくて、後足が長い動物。
狽は、狼にまたがって、お互い支え合って生活しており、
どちらも、どちらがいなくては歩くことが出来ず、倒れて、動けない。
ということから、あわてふためくことを狼狽といったそうです。

では、なぜ、「狼(オオカミ)」なのか。

狼は、雄の動物。狽は、雌の動物。
で、両者ともオオカミに似た伝説上の動物のことらしく、
現代のオオカミとは別物で、

お互いがバランスを取り合って生活をしている意味の話にでてくる、動物。

のことらしいです。

これも、諸説あって、
狼がみだれる、狽がよろける、を意味するとか、
狼狽は、擬態語
などの説があるそうです。

調べてみると面白い。


表題と副題の関係
狼狽 と 不透明なな群像劇 
のつながりも不思議すぎ。
とにかく、気ニナルことがいっぱいです。

これからどんどん解禁されていくのかしらん〜?
楽しみ♪

レミーマルタン・コニャックでした。おやすみタバタ★★★
田端玲実「レミーマルタン・コニャックでした。」 | 14:07 comments(0) trackbacks(0)
チラシ撮影!そして、

みなさん

 

こんばんは!みくです。

今日は午前中から

カムカムミニキーナ本公演

『狼狽』のチラシ撮影がありました。

松村さんとデザイナーさん、

そしてデザインチームが

凝りに凝ったデザインを

考えて下さり(ホントかっこいいです!)

そんなチラシに写る私たちを

プロのカメラマンさんが

何割り増しかで写るように笑

撮って下さりました!

ありがとうございました。

 

これは、お客様の手元に届くのが

本当に楽しみです!!!

おたのしみに。

私も早く完成品が見たいです。

 

 

さて、いよいよ本番が迫って来た

『くるみ割れない人間』。

固定稽古場に移りまして、

13:00〜22:00まで毎日みっちり

稽古をしております。

先日ざっくり通したのですが

てんやわんや…

本番は、いい意味でてんやわんや

できるといいですが。、。

まだ時間ある!!!明日も頑張るぞー!

ダンスの部分もすべて

振り付けして頂きました。

こんなバレエっぽい?!ところから

こんなえらいこっちゃな姿で

踊り散らかすところも。

なかなか踊る機会ないので

毎日新しい部分に筋肉痛が出る

不思議な経験をしながら

日々稽古させて頂いてます。

 

本番まであと9日!

がんばります!

 

みくでした。

未来「未来日記」 | 23:05 comments(0) trackbacks(0)
タカノさんへ愛をこめて

昨夜はカムカムの新年会でございました。大好きなスタッフさんと劇団員だけの新年会。
久々に会う顔も多くて、何だか親戚が久々に揃って、皆の無事を喜びあう・・・非常に楽しい新年会となりました。
ただ、2次会からの記憶が・・・いつものことですがね〜。
記憶がなければ、それはそれで良いのですが、最近はスマホで簡単に動画を撮れるようで、出席していた劇団員が、昨夜の私のグダグダ動画を送ってくれました。


うん、お酒って怖い。動画って怖い。今年は飲み過ぎに注意します。マジで!


さて、それ以外にもショッキングなことが先週ありました。
「タカノ」という大好きな近所の定食屋さんが昨年末を以て閉店していました。
「建てなおしの為閉店・・・」という貼り紙が出てました。再びの開店予定についてのアナウンスはありませんでした。


寂しい・・・・・・・


劇団の倉庫から近いタカノは劇団員の中にもファンが多かった。
劇団の公演日程が全て終了した後、私の一人打ち上げも、結構やりました。


かつてカムカム劇団員だったピーチーズ本間は学生時代(二十数年前)、偶然近所に住んでいて、その頃、毎日のようにタカノに通ってたそうです。
ここ数年、本間と一緒に短編芝居を一緒にやるようになり、近所の公民館で稽古をした帰りに時々、タカノへ寄りました。そんな本間の一言が蘇ります。


「あの頃から値段が全く変わってないんですよ」


超大盛の定食は大体ほぼ500円、ラーメンは300円、ビール大瓶400円・・・・
物価の変動、消費税の導入そして値上げ・・・そんな世間の流れに全く微動だにしないタカノの値段表。
壁に貼られたメニューは黄ばんでいるというより、神々しい金色に見えるくらい。歴史ある巻物がありがたく貼られている風格でした。

後輩達とビールで乾杯して、から揚げや五目焼きそばをつまみに、芝居や劇団の話をアレコレ・・・・
近所の独り者の空腹を満たしてくれる小さな定食屋さんは、夕食時は直ぐに満席です。
だから飲んでても、そんなに長居は出来ません。
タカノで下地を作って、少し歩いて「いも屋」という安居酒屋で二次会、これが僕にとっての幸せなフルコースでした。


タカノ夫妻、もしも定食屋を再開するときは、必ず食べに行きます。
出来たら、近所での再開を希望します・・・でも、遠くでも絶対に行きます。ただ、可能であれば、なるべく近所でお願いします。
そして、いつまでも元気に、皆の空腹を満たして下さい!!! 


吉田晋一「酒と笑いとお金と演劇」 | 20:46 comments(0) trackbacks(0)
| 1/524PAGES | >>